那須(栃木県)の渋滞回避レジャーへGO!「那須モンキーパーク」が最高!

この日、晴天のはずが小雨・ちょっと晴れ・曇り・小雨。山周辺の天候は変わりやすいですね~。

さ、どうやって遊ぶ?(笑)

 

那須インターに到着したのは朝7時ころ。当初の予定は、①「那須モンキーパーク」→②「南ヶ丘牧場」または「アルパカ牧場」→きっと渋滞で待ち状態→③「那須温泉神社」→⑤どこか行けるところ(笑)  那須で遊ぶ施設はほとんど1本道だから時間帯によっては大渋滞。

だろう・・。

 

しかし、予定は予定。開演まで待つか、予定変更するか。

朝7時に到着してしまったので、那須モンキーパークはまだ開演していない。悩んだ。時間がもったいない。ってことで、急遽、ロープウェイで山頂まで行って景色を見よう!ってことになった。

 

ですので、高速道路近くの「那須モンキーパーク」から出発ではなく、山から下るルートをとりました。

 

夕方到着予定となった「那須モンキーパーク」はおそらく混まない。と推測。これが大当たり!

 

結局、最終ルートは①「ロープウェイ」→②「殺生石」→③「那須温泉神社」→④「南ヶ丘牧場」→⑤「那須モンキーパーク」となりました。

 

時間も短縮でき、有意義に過ごす事が出来ました。

 

最後に行った「那須モンキーパーク」では、「ゾウトレック」にトライ!

サイコー思い出になりました!小雨くらいでしたら、トレックは中止になりません。

f:id:KOGE-KUN:20171108065649j:plain

500円かかりますが、自分のカメラをスタッフに預ければ、トレック中に記念写真を撮ってくださいます。

f:id:KOGE-KUN:20171108065712j:plain

トレック中、ゾウを操作?する方は、足でゾウの耳付け根を少したたき、進方向性を決めています。ゾウはとても素直。

指示された方向にその巨体の向きを変えます。

f:id:KOGE-KUN:20171108065813j:plain

 

ゾウはおとなしく、カワイイ。ゾウの鼻に触れたことがありますか?すごい”ぷにぷに”で軟らかいんですよ!ゾウにエサやり体験もできます。

f:id:KOGE-KUN:20171108070058j:plain

最後に記念写真。ゾウの鼻はぷにぷにしています。

f:id:KOGE-KUN:20171108070158j:plain

この日に乗ったゾウさんは・・「トンクーン」と「ナッド」。ナッドのほうが、トンクーンより真面目らしい。トンクーンは、ちょっといたずらっ子ね(笑)。

f:id:KOGE-KUN:20171108070309j:plain

 

ゾウとのコミュニケーション何てめったに取れるものではないから、今回は貴重な体験をしました。

晴天だったら、記念写真もよりよいものになるけれど、しかし、小雨でも中止にならなかったので、観光・遊びの体験幅は広がるね!

 

本当に、楽しい1日になりますよ。那須に行かれた際は、ゾウトレックに挑戦してはいかがでしょうか?(^^♪

「那須温泉(ゆぜん)神社」 (栃木県) 落ち葉焚き行事は、なんともありがたい気持ちになります。

雨だったんですよ、ここまで来るときは。神社到着後雲が風により流れ、一部に青空が垣間見れました!

なんか、嬉しいね💙 

参拝するときに気象が変わる、何かいつもと異なる現象が起こるというのは、良くとれば、歓迎されているように思えるから!

 

紅葉のもと、鳥居が青空に映えます。

那須温泉(ゆぜん)神社の御利益は、

商売繁昌、家内安全、病気平癒、身体健全、縁結びの御利益があります。
また、那須与一も祈願したところから必勝祈願の御利益があります。

f:id:KOGE-KUN:20171106095329j:plain

下記公式ホームページを参照しています。

nasu-yuzen.jp

 

 この日、「落ち葉焚き」が行われていました。この”行事”も、私にとっては想定外。見ることができて嬉しいよ!

f:id:KOGE-KUN:20171106095404j:plain

 境内が、煙に包まれ、なんか、煙に心身が清められた感じよ(^^♪

たまたま見れた、こういった行事は嬉しい!

f:id:KOGE-KUN:20171106095424j:plain

 階段上から見た「落ち葉焚き」。煙で真っ白。なんか、素敵。

f:id:KOGE-KUN:20171106095443j:plain

 境内の周辺の紅葉は、そろそろ終わり。落ち葉とまだ残っている色づいた木々の葉が、神社の風情をかもしだしていますね。

f:id:KOGE-KUN:20171106095513j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20171106095541j:plain

 御神木、「生きる」。素敵な御神木の名前。御神木に名前があるって、珍しいですよね。

f:id:KOGE-KUN:20171106095606j:plain

 

御神木”生きる”の説明は・・

「活力、蘇生力、生命力等のパワーが授けられる巨木」とのこと。推定800年の樹齢の御神木。

f:id:KOGE-KUN:20171106095619j:plain

私もパワーを戴きました!そんな気になります♪

f:id:KOGE-KUN:20171107071815j:plain

 さざれ石。

f:id:KOGE-KUN:20171106095637j:plain

 神馬と手水舎。こちらで清めましょう。

f:id:KOGE-KUN:20171106095701j:plain

 狛犬様。

f:id:KOGE-KUN:20171106095720j:plain

 拝殿。

f:id:KOGE-KUN:20171106095744j:plain

 拝殿の鈴?が黒いんですね~。ただ古くて錆びているのか?と思ったのですが、すぐ近くが「殺生石」なんですね。

硫黄臭が満ち満ちています。火山性の硫化水素と反応して黒くなっているんですね~。

f:id:KOGE-KUN:20171106095805j:plain

 真っ青な青空!気持ちいいよ!

f:id:KOGE-KUN:20171106095820j:plain

 拝殿横の道を下ると、観光地(景勝地)の「殺生石」につながります。

f:id:KOGE-KUN:20171106095844j:plain

 殺生石景観。

f:id:KOGE-KUN:20171106095859j:plain

 たくさんのお地蔵様。

f:id:KOGE-KUN:20171106095936j:plain

 殺生石

f:id:KOGE-KUN:20171106095950j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20171106100015j:plain

 

那須温泉(ゆぜん)神社の御朱印を戴きました!

f:id:KOGE-KUN:20171106100046j:plain

 那須与一柄の御朱印帳です。

f:id:KOGE-KUN:20171106100102j:plain

ホビット庄(ホビット村 ~映画:ロード・オブ・ザ・リングの世界~)

今週のお題「行ってみたい場所」

 

映画「ロード・オブ・ザ・リング」この映画に出てくる、ボビット村に行ってみたい~!!! 

 

f:id:KOGE-KUN:20171016162425j:plain

f:id:KOGE-KUN:20171016162446j:plain

写真出典:映画パンフレットより

 

現在もロケ地として人気があるようですが、ニュージーランド オークランドから3時間という超遠方!

ニュージーランドの自然を満喫し、映画の世界を垣間見てみたいです!一生に一度は行ってみたいですね(*^^*)

 

 

サントリーウイスキー白州蒸留所見学へ ~過去と現在~。 「THE STORY OF HAKUSHU ~シングルモルトウイスキー白州の物語~」

約7年ぶりにサントリーウイスキー 白州工場見学に行ってきました。今回は、今年の10月より新たに見学コースが始まった「THE STORY OF HAKUSHU ~シングルモルトウイスキー白州の物語~(有料:2000円)」コースです。 

※下記は個人の記憶と感想です。

 

【7年前の工場見学内容との違い】

結論から言ってしまうと・・・正直、7年前のほうが”感動”しました。というか、より工場製造工程を深く観る、知る事が出来る見学だった。

下の写真は7年前の2010年9月、工場見学に行った際に実際に撮影したものです。現在の工場見学では見る事が出来ない今や貴重な製造工程写真(①~⑥)です。

※一部はDVD映像で見ることができます。実際の見学はありません。

 

f:id:KOGE-KUN:20171009152228j:plain

〈写真の説明〉

①撹拌・②木樽

 酵母で発酵しますが、ここでの重要な役割は乳酸菌だそうです。 
日本(サントリー)の発酵槽は、木樽で”樽に付く”「乳酸菌」の役割が、そのウィスキーの味や風味に影響するため、この工程をかなり重要視しているとのこと。海外では、”熟成時”が重要とし、木樽に乳酸菌という使用材料及び工程ではなく、金属製の樽で糖化するらしいです。 
「木樽にすむ乳酸菌が重要」とする考えと、「熟成段階で味や風味を左右するという考え」など色々あるようですね。

 

②発酵2日目

 まだ白っぽい液体。

 

③発酵3日目

 たった1日で、こんなに色が変わるのか!? 香りも濃厚で、甘ったるい感じ。

発酵槽は木製でその寿命は永久的なんですって。もちろん、補修・修理はするそうですが、基本的に一生もの。これが、味を決めるんですね。

 

④ニューポット(再留後の液体)

再留。 蒸留は通常2度行われる。最初は「初留」、2回目が「再留」と言われるらしい。 初留を終えた蒸留液は再度ポット・スチールに戻される(再留)。

再留にかかる時間は約7時間くらいだそうです(2014年9月の担当者説明時点)。

再留を終えて流出する液体。 まぁ、蒸留ゼロ年とでもいうものでしょうか? アルコール濃度が極めて高い刺激性の強い香りと、甘い香りが漂います。 

 

参考:現在は、写真のニューポットの液体を併設のバーでワンショット(15ml)100円で試飲できますよ! 工場見学をした者だけが飲める貴重なショットです。このニューポットが熟成され、商品として出荷されるんですよね💙

 

⑤・⑥チャー(※)

木樽を熟成時風味付けのためなどが理由で焦がす工程。この工程も7年前は大きな感動見学場所の一つでした。現在は、職人さんの事情などで見学不可です。

 《参考サイト》

サントリー公式ブログ

yamazaki-d.blog.suntory.co.jp

樽の内面を強い熱で炭化させる方法をチャー(Charring)、また何回か使用した樽を活性化するために再度熱処理をおこなうことをリチャーと呼ぶ。これによって樽材内部にバニリンといった甘い熟成香味成分が生成される。炭化層には未熟成香を減少させるはたらきもあり、香味に大きな影響を与える。(出典:All about グルメのサイト)

allabout.co.jp

 7年前のポットスチール全景。素敵ですね~。現在は窓越しに見学できます。

f:id:KOGE-KUN:20171010080841j:plain

 

【2017年10月、現在の工場見学】

7年前の工場見学はたしかにウイスキー好き、興味ある者にとっては最高に魅力的。しかし、木樽内部をのぞく箇所にカバーがなく、直接見学できるなどといった内容は食品の安全性に欠けるものではないでしょうか・・・と個人的に思ったものです

実際は何が理由で見学できなくなったのかは不明ですが、現在は上記内容を見学中に録画(DVD映像)で見ることが出来ます。

 質問があれば案内の方に気軽に質問できますし、過去も現在も見学の形式は変われど、楽しいですよ!

 

小淵沢駅に到着!

無料シャトルバスに急いで向かったはいいが・・・バス停あれどバスは個々には止まらない!? そう、バス停にはシャトルバスは到着しない。駅を出て左側がバス停。実際に到着する場所は右側に出た、ロータリー出入り口付近。もっと、分かりやすくしてくれないかなぁ~。

この場所にはバスは来ません。気を付けてくださいね!

f:id:KOGE-KUN:20171010082955j:plain

 

■受付

バスで15分くらいの場所にサントリー蒸留所があります。受付をすますと、見学コースのプレートを渡されます。ワクワクします!! 今回参加したのは有料(2000円)コース:「THE STORY OF HAKUSHU ~シングルモルトウイスキー白州の物語~」)です。

f:id:KOGE-KUN:20171010083202j:plain

 

■自然

見学場所に行く道経路は自然に囲まれています。空気が美味しい!実際に体感しないと分からない感覚ですが、癒されます。

f:id:KOGE-KUN:20171010083342j:plain

 

■試飲(有料)

見学まで時間があったので併設のバーで試飲。こちらでは蒸留所でしか飲めない貴重なウイスキーがあります。

今回試飲したのは・・・

「山崎12年 (ミズナラ樽熟成)」「山崎25年 (シェリー樽熟成)」「響17年 (ミズナラ樽熟成)」「マッカラン25年」「ニューポット」。

ミズナラ樽熟成のウイスキーは、私たち一般人が購入しようにも、小売店に一般的に出回ることはないのよね。どういった経路で販売されるのか、入手できるのか、これはかなりブラック的です。

オークションや楽天などの一部の販売者が出しているミズナラ樽熟成のサントリー商品は、どれもこれもかなり高額!

メーカーが提示している小売価格の5倍以上と考えていいでしょう。絶対に入手できないウイスキーが、こちらのバーで試飲できるというのは大変嬉しい!!💙

 

マッカラン25年(現行ボトル)・・・美味しいです。でも、旧ボトルのマッカラン25年との比較可能だったら、おそらく旧ボトルの美味しさは現在のそれとは違うものだと思います。それでも、手の届かないマッカラン25年を試飲できるのはありがたい!f:id:KOGE-KUN:20171010083652j:plain

 

ニューポット。上述(7年前の工場見学内容)にもありますが、工場でのみ試飲できる貴重なもの。ウイスキーたまごですものね(笑)!この液体が熟成などを経て、美味しい「ウイスキー」になるのだから!まったりとした甘い香りです

以前、ある場所で「マッカラン」のニューポットを試飲したことがあります。ニューポットといえど、やはり香りが違います(当たり前か・・・(笑))。個人的にはマッカランのニューポットの香りが好きです。

f:id:KOGE-KUN:20171010083723j:plain

 

ウイスキー博物館見学

サントリーの受賞履歴や、その歴史などが展示されています。

写真はサントリー「山崎1984」が世界的な酒類コンペティション「第15回インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2010」で日本企業として初めて受賞したときの写真とボトルの展示物です。

 

yamazaki-d.blog.suntory.co.jp

f:id:KOGE-KUN:20171010121246j:plain

写真中央に、当時チーフブレンダーだった輿水精一氏がいらっしゃいます。たしか・・この年の9月に退職、名誉ブレンダーになられたと伺いました(現在はどのような形でサントリーにかかわっているかは分かりませんが、2~3週間前にサントリーの白州蒸留所に来られたとか・・・)。

 

2014年の晩秋に開催されたウイスキーフェスティバルに行った際、セミナーを受講したのですが、とてもオーラがある素敵な方でした。サインや写真にも気持ちよく応じて頂きました。

世界でご活躍される方のお話はとても面白いです。

今後工場見学などで、輿水さんのようにご活躍される専門家のセミナーがあれば、よりウイスキーについて興味持つのになぁと思ってしまいました。

 

その他の展示物など。

f:id:KOGE-KUN:20171010121222j:plain

 

■工場見学

今回は「THE STORY OF HAKUSHU ~シングルモルトウイスキー白州の物語~」という有料コースに参加。こちらのコースは今年2017年の10月より実施されているコース。有料見学コースは2種類あります。内容は下記サイトで確認してみてください。

webapl.suntory.co.jp

実際参加して思うのは、通常の有料コースとの大きな違いは「おつまみ内容」かと思います

製造工程見学は、有料コースであれば違いはないということです。

f:id:KOGE-KUN:20171010091521j:plain

 

① 「ポットスチール」。こちらは1973年から1995年まで実際に使用されていたとのこと。

f:id:KOGE-KUN:20171010092030j:plain

②使用麦の見本。

f:id:KOGE-KUN:20171010092212j:plain

③ピート。こちらは実際に触れます。

f:id:KOGE-KUN:20171010092258j:plain

④木桶。発酵工程がこちらで行われます。

「麦汁を発酵槽に移し、酵母の力を借りてアルコールを生成します。サントリーでは様々なモルト原酒を作るため、多種多様な酵母の中から、イメージするウイスキーの香味にふさわしい酵母を厳選し、加えていく」のだそうです。

※「ウイスキーは日本の酒である」輿水精一著、新潮新書」p49抜粋」

 

現在はこの木桶の中身はプラスチック版上から実際に見ることが出来ます。

f:id:KOGE-KUN:20171010092333j:plain

よ~く見ると泡が発生して発酵している状態が確認できます。

f:id:KOGE-KUN:20171010093156j:plain

 

⑤DVD映像より。撹拌している状態(下写真2枚目)。

f:id:KOGE-KUN:20171010093524j:plain

f:id:KOGE-KUN:20171010093326j:plain

 

 ⑥現行ポットスチール。現在は窓越しで見ることが出来ます。

f:id:KOGE-KUN:20171010093656j:plain

 

⑦樽貯蔵庫。

7年前との違いは・・・現在の樽には「蒸留年」が記載されていない、ということ。前面(見学者が見やすい場所)に保管されている樽だけが記載されていないのかどうかは不明ですが・・・これは~、見学用の見本なんでしょうか?

だとすると、ちょっと残念。蒸留年数を見ることも、楽しみの一つでしたので。

 

樽の熟成庫内保管位置、場所によって温度、湿度などが違います。その状態によって熟成の状態は変わるそうです。熟成棚の上と下とで、熟成度合いに違いが出てくることもあるそうです。

 

以前、サントリー傘下の「マッカラン」の蒸留所移転の話がニュースとなりました。味は変わらないという話ですが、この保管位置の事を聞く限り「大人・会社の事情」による言い訳に過ぎませんね。結局、この移転話はどうなったのか、現在は分かりません。どうなったのでしょうね?

 

f:id:KOGE-KUN:20171010101028j:plain

 

 ⑧樽内部の見本。

f:id:KOGE-KUN:20171010102020j:plain

 

テイスティング体験とおつまみ。

この内容が有料試飲のコースによって違うと思います。とくに、おつまみが豪華!こちらは併設のレストランで作られて食事内容。とても美味しいです(^^♪

2コース有料見学がありますが、その違いは、どうみても”おつまみ”内容ですね

ちなみに、7年前のテイスティング体験は、ピーテッド麦芽原料の原酒をたったの1滴たらすことで、大きく味が変化するといった「ブレンダー体験」および「味の変化過程」を楽しむことが出来ました。

 

また年数が経ち、見学時期が異なればまた面白い体験ができるかもしれませんね

f:id:KOGE-KUN:20171010102132j:plain

 

ハイボール作り体験。

f:id:KOGE-KUN:20171010102337j:plain

 

⑪お土産。

蒸留所限定のウイスキー(1440円だったかな)と、カワセミのショットグラス(540円くらい)。こちらのウイスキー、安いだけあってアルコールの刺激が味や香り以上に感じますが、美味しい事には違いありません。

f:id:KOGE-KUN:20171010102457j:plain

 

⑫お土産その2。

限定ポッキー「大人の琥珀」!! めちゃくちゃ美味しい!お勧めです。蒸留所おショップでは10月7日から販売されたとのこと。

蒸留所とAmazonサイトのみ※で購入可能。価格は高い(6袋入りで980円くらい)ですが、””に満足するお菓子です💙

Amazonサイトでは10月24日から販売開始。

www.amazon.co.jp

f:id:KOGE-KUN:20171010102730j:plain

 

最後に、小淵沢駅。今年の7月に改修されたようです。よく見る現在のJR駅ですね~。昔の案内版と駅ホームにあった駅弁屋。今は駅弁は冷蔵販売商品のみで、駅1階にお土産屋にて販売されています。古き良き素朴な雰囲気がなくなったのは、ちょっと寂しいですね~。

下写真は現在の案内板。

f:id:KOGE-KUN:20171010103258j:plain

下写真は7年前の案内板。当時はホームに気軽に購入できる駅弁屋があったのよね~。今はありません。駅の1階に土産屋としてきれいなショップがあり、冷蔵保管の弁当が販売されているだけですね。

駅構内のどこかに、常温の駅弁を販売しているところがあるようです。また行く機会があったら、駅弁販売店を探して、特急あずさ内で食べながら帰宅したいですね(笑)。

 

f:id:KOGE-KUN:20171010103213j:plain

 

今回も楽しい、思い出に残る飲んだくれの旅行でした!ウイスキーについて詳しくなくても楽しめる工場見学。

ちなみに私、ウイスキーについてめちゃくちゃ興味あるというわけでも、知っているでもよく飲んでいるわけでもありません。ウイスキーは、1~2か月に1回くらい飲んでいます。ま、その程度です。

そんな私でもサントリーウイスキー白州工場は、とても楽しい体験・見学が出来る場所でした。

 

またいつか行きたいものです(^^♪

 

 

かわいい&カッコイイ、人気御朱印帳を個人(笑)ランキングでご紹介!

お気に入りの御朱印帳が増えました💙一部ご紹介します(関東)。

あくまでも個人感でのお気に入りランキングです。気軽に見て頂ければ嬉しいです(笑)。御朱印帳にここまで魅力的に感じるのは、御朱印帳がオリジナリティ満載だから。参拝の思い出がよみがえるし、つい参拝時に戴いて(購入)しまうんですよね。コレクターではありませんが、気に入った御朱印帳は購入してしまいます。

 

ちなみに、お気に入り御朱印帳ランクの個人基準※は・・・

①デザインが好み

②参拝、当日の”よい”思い出

御朱印帳に(自分が)魅かれる字体の御朱印がある、よい記憶の御朱印受付の神社があるを含む)

③大判御朱印帳である

 

と、この3点が優先事項として満足度が高いということ。小さい通常版の御朱印帳は、①、②のみで選択しているということですね。

※上記①~③の満足比重はそれぞれ異なります(笑) 

 

第1位:三峯神社(埼玉県) 御朱印

www.mitsuminejinja.or.jp

今後、私の中でお気に入りランク不動の第1位となること間違いなし!!

大判で見栄えも満足度もサイコー! もちろん、御朱印帳のお値段も・・・サイコー(笑)。初穂料として、こちらの御朱印帳の初穂料は3000円です。

先日、鎌倉の銭洗弁財天宇賀福神社で御朱印をいただいた後、受付の方が「すごい御朱印帳ね!」と褒めてくださいました。嬉しいです。

いつか三峯神社に参拝の際に、こちらの御朱印帳をまた戴きたいものです。

 

三峯神社は、参拝する際に感じるスピリチュアル的な感覚も忘れ難いです。手水舎、拝殿・本殿の建築物としての細工も、霧深いなか、薄日挿すときの美しさは一度は体感していただきたいです。

〈参考ブログ〉

rosegarden-to-koge.hatenablog.com

f:id:KOGE-KUN:20170926104720j:plain

 

第2位:赤城神社群馬県大沼) 十二単柄の御朱印

akagijinja.jp

大判、1700円。とても明るく素敵な御朱印帳。鮮やかさが目に引く素敵な御朱印帳。

人気御朱印帳のため、売り切れることもあるそう。赤城神社(大沼)に直接確認を取るか、ホームページのアップ状況を確認してから参拝にいかれるのが良いかと思います。

 

特に晴天下の赤城神社は、その朱色の拝殿、本殿が美しいです。神橋も透明度の高い大沼に映えて、感動しますよ🎵

f:id:KOGE-KUN:20170926110110j:plain

 

第3位:芳賀天満宮(栃木県)

大判、2000円。西陣織の贅沢な御朱印帳。西陣織というだけで、うっとりする御朱印帳です。ご祭神である菅原道真公。学問の神様で有名ですよね。御朱印帳の紅白の梅の模様とふんだんに使用された金刺繍様の、糸の織り込みが素敵です。

こちらは「梅まつり」中に参拝いたしました。「おもいのまま」という紅白混在した素敵な梅の花のお話を宮司さんから教えてい頂いたことが印象として記憶に残っています。

f:id:KOGE-KUN:20170926110724j:plain

 

第4位:真田神社(長野県)

sanada-jinja.com

大判。とてもシンプルな御朱印帳です。大きな社名が印象的なカッコイイ御朱印帳です。

本当は朱色の御朱印帳を戴きたかったのですが、参拝時は売り切れ。いつか戴きたいものです。個人的に、御朱印帳は大判が好き!朱印や文字に迫力をより感じられるしね!

何より、限定御朱印がかっこよかった社務所の方々がとても感じが良かったと、ありがたいことづくし。上田城跡も見ごたえあり、観光地としても記憶に残りました。

f:id:KOGE-KUN:20170926111242j:plain

(参拝時のブログ)

rosegarden-to-koge.hatenablog.com

 

第5位:江島神社(神奈川県) 風景を模した御朱印

enoshimajinja.or.jp

 

通常版。富士山あり、海あり、鯛ありととても賑やかな風景柄。参拝時はとても楽しかったですし、神社の立地条件や雰囲気をよく表している絵柄内容ですので、お気に入りです。

宮司さんとの朝のご挨拶コミュニケーションはとても気分のいいものです。その日の参拝&観光モチベーションに影響しますよね(笑)

f:id:KOGE-KUN:20170926111444j:plain

 

第6位:伊勢神宮

通販で戴きました。いつか参拝したい、絶対に行きたい夢の神社。希望と夢を膨らませて先に御朱印帳を購入しました。

大判、1500円。「神宮会館」のサイトで通販しています。こちらも西陣御朱印帳。光沢が素敵。

神宮会館

f:id:KOGE-KUN:20170429064253j:plain

 

第7位:寒川神社(神奈川県)

samukawajinjya.jp

通常版。問答無用、カッコイイ!!!

八方除のご利益があるという珍しい神社です。境内には寒川神社の方位盤と 渾天儀があります。

f:id:KOGE-KUN:20170429064629j:plain

 

第8位: 雄琴神社(栃木県)

雄琴神社(おことじんじゃ) « 栃木県神社庁

こちらの御朱印帳はなんといってもデザイン性が高い!柄の配置が素敵で、色合いもハッキリとした明るくキラキラした”赤色”(濃紺の御朱印帳の2種類が神社にあります)。一目ぼれです。ネット検索して心惹かれましたのが最初の出会いです。実際に手に取ってみると美しい~の一言。
このように感じてしまうから、御朱印帳を集めてしまうのよね(笑)

 

神社は”田舎”の神社という感じです。参拝客の絶対数から言えば都会に鎮座している神社よりはるかに少ないと思います。私が参拝させていただいた時に、一組のご家族が参拝、御祈祷されていました。その際の祝詞が本殿から聴こえ、神社のここちよい雰囲気を感じる事が出来ました。

壬生の文化財になっている門の素晴らしさもあってか、地元に愛されている神様がいらっしゃるな、と感じる事ができた神社です(個人のスピリチュアル的感覚です)。

f:id:KOGE-KUN:20171004121719j:plain

 

第9位:雀神社(茨城県

雀神社 | 茨城県古河市公式ホームページ

通常版、初穂料1700円。2017年6月から配布。

雀柄の御朱印帳って、全国でも珍しいのではないでしょうか?もともと個人的に”雀”大好きなんで、こちらの神社で雀柄御朱印帳があるという情報をツイッターで発見してからは、ずっと参拝してみたかったのよね♪ 

神社の社名にある”雀”名の由来は諸説あるようです。鳥の「雀」とは特に関係がないようですが、参拝者から「記念に」「お土産に」雀の文様の御守り・御朱印帳があればいいのに、などという要望があったため作られたとか。こういった参拝者と神社のよいコミュニケーションは、いいですよね。

 

淡い黄色の布地に雀柄。めちゃくちゃカワイイ💙

f:id:KOGE-KUN:20171004155101j:plain

 

神社は歴史ある大きな神社です。神楽殿もあります。現在、神楽殿は春の祭り、節分祭で使用するだけだそうです。境内には、小屋内に、大きく素晴らしい素敵な神輿が保管されていました。

たまたま社務所にいらっしゃた宮司さんいわく、神輿の管理は古河市なんだそうです。

こちらの神輿は天皇在位60周年の際、銀座で担がれた神輿で、重量は1.1トン!いつか、生(なま)で見てみたいものです。

下写真は、神輿が保管されている小屋?の窓から撮影した写真。神輿上と四方に鳳凰。正面には神社らしく鳥居と狛犬があります。

f:id:KOGE-KUN:20171004161622j:plain

f:id:KOGE-KUN:20171004161641j:plain

 

第10位:櫻木神社(千葉県)

sakuragi.info

説明なんて不要。御朱印帳の可愛さ、女子力が高い御朱印帳・御守りがあるということで有名な神社の、「例大祭特別の御朱印帳」です。

神社は、御朱印御朱印帳で有名・・ではありますが、地元密着の歴史ある素敵な神社です。トイレが綺麗で神様もお祭りされていることでも知られていますよね?

 

こちらの御朱印帳は、とにかくキラキラ(^^♪ 見ているだけでハッピー💙になるようなデザインです。配布数量は多く人気も高いことから、神社の御朱印を戴く際に同じ御朱印帳の方と遭遇・・なんてことがありそうです(笑)。受け取るときに間違わないように気を付けなきゃね。

 

f:id:KOGE-KUN:20171004162221j:plain

 

【その他、素敵な御朱印帳】

 ■赤城神社群馬県

十二単御朱印帳だけでなく、神社と風景柄の御朱印帳もあります。全体の雰囲気をよく表現されていて素敵です。

f:id:KOGE-KUN:20171004163129j:plain

■鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)(栃木県・茨城県

県境にある神社。巫女さん(おばちゃんと親しみをこめて言いたい方)がとても感じよく、巫女さんのパワフルさも戴いたような、楽しい参拝でした。ご利益ありそうな明るい黄色の御朱印帳です。

f:id:KOGE-KUN:20171004163203j:plain

一言主神社茨城県

風流ですね~。川と桜と紅葉。季節感なんて余計なことを考えず、ただただ見ていてキレイ。

f:id:KOGE-KUN:20171004164159j:plain

江島神社(神奈川県)

弁天様の御朱印帳。カワイイ!

f:id:KOGE-KUN:20171004164251j:plain

 

櫻木神社(千葉県)

御朱印帳に初めて興味を抱いた最初の神社の御朱印帳。素晴らしい桜の樹!大胆でデザインが素晴らしい💙 生地全体を一つのキャンバスにしているのね。絵画的です。

f:id:KOGE-KUN:20171004164409j:plain

 

調神社(つきじんじゃ)(埼玉県)

うさぎのカワイイ御朱印帳!私、ウサギ・スズメが大好きなんで、デザインが気に入れば絶対にこういった柄の御朱印帳は戴いています。こちらの神社はネットでも多くの方が記載していますが、神社専用の御朱印帳でなければ御朱印対応はしていただけません。

私も、「神社だけですね?」「こちらの御朱印帳は調神社のみでご使用ください」と巫女さんに言われましたので、御朱印を戴く際にはご注意を。

f:id:KOGE-KUN:20171004164818j:plain

鹿島神宮(千葉県)

こちらは御朱印帳・・・ではなく、御朱印帳カバー。歌手の相川七瀬さんデザインのものです。大きさ的には大判の御朱印帳くらいですが、大判では小さいので通常版の御朱印帳用となります。

可愛いですよね♪

本当は、鷲柄の御朱印帳を戴きたかったのですが参拝時は在庫なし(泣)。次回はいつ参拝できるか分かりませんが、その時にご縁があることを祈りたいと思います。

f:id:KOGE-KUN:20171004165102j:plain

 

 

【あとがき】

なぜか、東京都の神社の御朱印帳がない。観光、参拝と御朱印を戴きに数社行っているのですが(個人的な感覚ですが)ドッキ~ン!!とする御朱印帳にまだ出会えておりません。ネットや書籍などで色々調べてみて、そうですね、東京都の神社で気になる御朱印帳は・・・日本橋にある「小網神社」でしょうか?写真をみると、とても素敵!ただ、まだ来いよ~って呼ばれていない気がするので、参拝時を見極めて(感じて)伺いたいと思います。

山梨県については、諏訪大社に何度か参拝しております。こちらの神社で心惹かれたのは御朱印帳ではなく、お祭り(御柱祭)で使用された木を使用した御守り。断面に墨で熟語または短文が記載されていて、そのお言葉がありがたい気持ちになります。

言葉って、時々で勇気づけられますよね!

 

またいつか、お気に入りをアップしたいと思います(^^♪

 

 

 

「江島神社と鎌倉散策」 日本三大弁財天の一つ&縁結びの神社。島の景観がとても素敵。

素敵な”見開き御朱印を戴きました。江島神社は「日本三大弁財天」でもありますので、2種類の御朱印を戴けます。

f:id:KOGE-KUN:20171001074041j:plain

御朱印帳は3種類。下の写真と、黒地に龍の絵柄のものがありました。私が戴いたのは、①土地柄が表現されている「江ノ島」的なものと、②弁天様の絵柄の2種類を頂きました。可愛いよね!

f:id:KOGE-KUN:20171001074058j:plain

f:id:KOGE-KUN:20171001074114j:plain

 

 

江島神社公式ホームページ】※下記内容は江島神社HPより抜粋

enoshimajinja.or.jp

ご祭神は、天照大神あまてらすおおみかみが須佐之男命すさのおのみことと誓約された時に生まれた神で、三姉妹の女神様です。
・奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)
この三女神を江島大神と称しています。古くは江島明神えのしまみょうじんと呼ばれていましたが、仏教との習合によって、弁財天女とされ、江島弁財天として信仰されるに至り、 海の神、水の神の他に、幸福・財宝を招き、芸道上達の功徳を持つ神として、今日まで仰がれています。福岡の宗像大社や、広島の厳島神社と御同神でもあられます。

 

【ご利益】

航海安全、交通安全、商売繁盛、財運、芸道上達など

 

~ ご注意として ~

色々な個人ブログサイトなどで、「江島神社は縁切りの御利益でも有名・・」などといった記載が見受けられます。不安に思い、実際に江島神社の方に伺いましたところ、「その逸話(縁切り)は迷信であり、当社では縁切りのご利益とは特に謳ってはおりません。~中略~当社は縁結びのご利益で有名です。神前結婚式も執り行っておりますので、安心して御参拝頂ければと・・」との事。(2017.09現在)

 

※本ブログも個人的な内容です。上記回答の解釈、受け取り方は個々の判断となってしまいます。正しい情報は関連神社、行政、会社、部署、担当者に直接お尋ねいただいたほうがよろしいかと思います。

 

  
【この日の散歩】
海を見たい。海とともにある、江島神社に参拝したい。参拝当日の天気は、午後雨。悩む。
 
でも、気持ちはすでに江島神社にある。スピリチュアル的ではありますが、これが、”神社に呼ばれている”、”参拝どき”なんだろうと思いました。こういう体験、ありますよね?そういう気持ちは大切にしたいです。
 
これまで何度も行く機会がありました。しかし予定をたててもなかなか実行できない。
理由としては、当日大雨、お財布の中身が半端なくキツイ、体調不良などなどに見まわれたため、参拝したいと思ってから何年も行けなかった。やっと参拝できると思うと嬉しいよ。
 
江島神社にずっと行きたかったその理由は、下記①~③です。
①大昔、身内がお世話になったことがあるとのことで、ご縁があるだろうと思い長年その神社に行きたかった。
②書籍「関東の聖地と神社」(JTBパブリッシング発行 p96)を読んで、江島神社参拝に憧れた。
③ただ単に、海に行きたかった。

f:id:KOGE-KUN:20170925161024j:plain

 

 

【青銅の鳥居(市指定文化財)】

f:id:KOGE-KUN:20170925163056j:plain

【二の鳥居 ほか】

平日早朝の江島神社は空いていますので、ゆっくり散策できます。これからの時期は、修学旅行や遠足の団体とガチで重なり、かなり混雑しますよ。

f:id:KOGE-KUN:20170925163304j:plain

狛犬様。

f:id:KOGE-KUN:20170925163731j:plain

瑞神門。なんか、竜宮城にきたみたい(笑)

f:id:KOGE-KUN:20170925163356j:plain

瑞神門の天井画と左右壁画として狛犬の絵。

f:id:KOGE-KUN:20170925163631j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170925163649j:plain

 

江島神社 辺津宮(へつのみや)】

f:id:KOGE-KUN:20170925163529j:plain

 

参拝前に宮司さんが通られまして、「おはようございます!」とお声を掛けましたら笑顔で「おはようございます」と返してくださいました。

宮司さんのお顔は、書籍で拝見しておりましたので、すぐに分かりました。こんな朝の参拝コミュニケーションは、本当に楽しいですね!

 

この日の上空はカラスが群れておりまして、宮司さんいわく「今日はカラスがたくさんいるなぁ」と見上げていました。

カラスは色々な解釈がありますが、カラスを神様のお使いとしている神社もあります。江島神社はそうではありませんが、来訪を受け入れてくれているような気がして、朝からハッピーです!

f:id:KOGE-KUN:20170926073416j:plain

 

【日本三大弁財天 江島神社 弁天堂(奉安殿)】

神奈川県の重要文化財に指定されている八臂弁財天(はっぴべんざいてん)と、日本三大弁財天のひとつとして有名な裸弁財天の妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)が安置されています(江島神社HPより)。

f:id:KOGE-KUN:20170925191527j:plain

お堂の中は、八臂弁財天(はっぴべんざいてん)と、日本三大弁財天のひとつとして有名な裸弁財天の妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)が祀られています。

(下写真出典:書籍「関東の聖地と神神社」(JTBパブリッシング発行 p99)

f:id:KOGE-KUN:20170925192005j:plain

境内に、「弁財天黄金浄水」という池があり、ご利益を祈願し銭洗い場所とされていました。もちろん、私も!!

f:id:KOGE-KUN:20170925192201j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170925192558j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170925192622j:plain

御神木。

f:id:KOGE-KUN:20170926070834j:plain

 

神社にゃんこ(猫)。ポーズをとってくれました。かわいい!!

f:id:KOGE-KUN:20170926070947j:plain

江島神社 中津宮(なかつのみや)】

f:id:KOGE-KUN:20170925192741j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170925192811j:plain

境内から見た、海。懐かしいなぁ。

f:id:KOGE-KUN:20170925192840j:plain

社殿横に水琴窟があります。

f:id:KOGE-KUN:20170925192945j:plain

江島神社 奥津宮(おくつのみや)】

 

f:id:KOGE-KUN:20170925193220j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170925193347j:plain

天井画、「八方睨みの亀」レプリカ。実物は社務所にあるとのこと(江島神社HPより)。見つめられている感じで、ドキッとします!

f:id:KOGE-KUN:20170925193614j:plain

狛犬様。

f:id:KOGE-KUN:20170925193658j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170925193729j:plain

 【龍宮(わだつのみや)】

この後行く、「岩屋」にある神社(岩屋本宮)の真上に鎮座する神社だそうです。

 

御祭神は龍宮大神。奥津宮のとなりにあります。通りすがりの女性の方が、「あ、(ドラゴンボールの)シェンロン(神龍)だ!」と言っていました。思わず、プっ(笑)!

f:id:KOGE-KUN:20170925194542j:plain

 【江の島 岩屋】

f:id:KOGE-KUN:20170926065258j:plain

奥に進むと、江島神社発祥の神社といわれる神社がありました。もちろん、参拝!

f:id:KOGE-KUN:20170926065937j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170926065856j:plain

 

狛犬様がなんか・・・これまで見たのと違うね。

阿の狛犬さん、母乳像です江島神社が弁天様由来でもあるからかなぁ?とても貴重な像ですね。

f:id:KOGE-KUN:20170926065835j:plain

第二洞窟に行きますと・・・これこそ、ドラゴンボールのシェンロンだぁ!(笑)

左手にちゃんど玉を持っています(笑)。変化するカラーライトアップされているのが、観光地だね~と思う瞬間です。フツーでいいのにね~。

観光客(遠足または修学旅行)の学生さんは喜んでいました。

f:id:KOGE-KUN:20170926070044j:plain

外に出るときはもぅ、昼ころになっていました。いや~、江の島は見どころいっぱいで楽しすぎ!本当はもっと時間をかけて周遊したかったんだけれどね、午後の予定があったから、これにて江の島を離れます。

 

江島神社発祥の神社まで参拝でき、なんか気持ちが軽いというか、新鮮な気分。楽しかったわ!

 

外に出ると、目の前は海!ちょっと寄り道。岩礁に溜まった海水をみると、カニやら魚がたくさんいたよ。も~ここは半日以上いても飽きないよ。時間があればもっといたい場所ですね。

f:id:KOGE-KUN:20170926070739j:plain

午後の予定が迫ったいたため、ちょっと焦ります。この場所から江ノ島駅江ノ電)まで、歩いて40分くらい。走るか???

と、悩んでいましたら、定期的(約10分間隔)に船が出るとのこと。急いで乗り込み。ほとんどの観光客がデッキに座ったので、室内の客席は貸し切り状態。左右の窓は開いており、左右の席移動も自由。ラッキー!!!

船が”走る”のを真近で見れるし、本当に楽しい。

 

さ、船に乗り込み駅方面へ向かいます。乗船時間は約10分くらいかな?

f:id:KOGE-KUN:20170926071428j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170926071543j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170926071625j:plain

到着!!江島神社参拝、観光はサイコーの思い出になりました。思いがけないこの船乗船も、観光の一つとしていかがでしょうか?乗船は400円/人です。

f:id:KOGE-KUN:20170926071646j:plain

 

【その他の江の島散策】

昼ごはん。こちらでいただきました。「江之島亭」

f:id:KOGE-KUN:20170926074557j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170926074408j:plain

 
可能であれば、テラス席(外の席)がオススメ!江島の景観とトンビの「ぴ~ひょろろ~~」という鳴き声を聞きながら食事ができるんだよ。もう、サイコーだね☆

 

晴れていれば、もっと素敵だったけど、屋内よりテラス席は気分が違うよ。開放的だしね!

f:id:KOGE-KUN:20170926074446j:plain

 

 【江の島 展望台シーキャンドル(サムエル・コッキング苑)】

f:id:KOGE-KUN:20170926074949j:plain

晴れていれば富士山が見えるそうです。またいつか・・来ます。

f:id:KOGE-KUN:20170926075036j:plain

展望台から降りるときは、エレベーターではなく、階段がオススメ!

「階段はこちらです」といった案内板があるので分かりやすいです。階段に出ると、海風がとても気持ちいいの!江の島の絶景を見ながら階段をゆっくり降りる、とても楽しいです。足に自信がある方は、是非、階段をお勧めします。

f:id:KOGE-KUN:20170926075307j:plain

真下を見ると、ちょっと足がすくむけどね(笑)

f:id:KOGE-KUN:20170926075330j:plain

 

【鎌倉の長谷で和菓子づくり体験】

「手毬」という和菓子づくりのお店で、和菓子づくり体験ができます。9月はお月見にちなんで、題材はウサギ。めちゃかわいい!

coubic.com

 

f:id:KOGE-KUN:20170926082012j:plain

見本の上生菓子の「うさぎ」。

f:id:KOGE-KUN:20170926082033j:plain

実際に作ってみた「うさぎ」。 まぁ、可愛いとしよう!(笑)

f:id:KOGE-KUN:20170926082125j:plain

3つ作成できます。うち一つは試食でその場でいただきます。参加者の皆様と会話を共有、笑いのある楽しい1時間の体験でした。いい思い出になります。

f:id:KOGE-KUN:20170926082322j:plain

 

【鎌倉 宇賀福神社(銭洗弁財天)】

f:id:KOGE-KUN:20170926082638j:plain

こちらの神社に到着したのが、午後3時45分ころ。観光情報サイトの「じゃらん」などによると、参拝時間として午後4時30分までとありましたので、まぁ、御朱印も戴けるかな?と気楽な気持ちでおりました。

 

手水舎。

f:id:KOGE-KUN:20170926090134j:plain

拝殿。

f:id:KOGE-KUN:20170926090209j:plain

 

しかししかし!!! 御朱印受付時間は、午後4時! 4時になると、社務所の一部のシャッターが参拝客の有無関係なく容赦なく閉められます

私が参拝後、御朱印をいただくのに並んだ時間は、午後3時55分。ギリギリでした。

 

これから宇賀福神社(銭洗弁財天)で御朱印を戴きたい方は、午後4時前に参拝を終え、少なくとも5分前には御朱印列に並んだほうがよいかも! 焦らず参拝できるし、御朱印も戴けることかと思いまます。

 

戴いた御朱印

f:id:KOGE-KUN:20170926083202j:plain

 

御朱印待ちの参拝客がたくさんおりましたので、御朱印をいただくまで、境内散策。銭洗いも体験し、御朱印も無事戴き、この日の江の島、鎌倉散策は満腹の1日となりました。

ちゃんと、銭洗いもさせて頂きました。

f:id:KOGE-KUN:20170926090258j:plain

 

また、いつか江の島、鎌倉散策に行こう!

 

 

「赤城神社(群馬県)」晴天下、大沼に映る美しい神社です。

とにかく素敵。朱色の楼門や、拝殿、本殿は多くの神社がそうであるようにこちらの赤城神社群馬県)も、その朱色が素敵な神社です。

 

赤城神社のホームページ(御朱印帳情報もあります。戴きたい方は要チェック!】

akagijinja.jp

 

しかも、目の前は赤城山、大沼と、自然に囲まれた立地で、雰囲気が”キレイ”の一言。これは~・・・実際に自分の目で見て感じないと説明がなかなかできないですよ(笑)

■神橋

昭和45年に赤城神社が御遷座され、現在は神橋を歩いて渡り、御参拝いただけます。
幸福の御利益を享けに、伝説の地へと、お運びください。(赤城神社ホームページ転記)

 

赤城山、青空に映える朱色の橋! これは~・・別世界気分を感じられるよ☆

f:id:KOGE-KUN:20170910090246j:plain

 

こちらが(下写真)↓10キロ以上離れた道路にありました大きな鳥居。一の鳥居と思われます。

そう、この一の鳥居を過ぎたころはまだ、曇りときどき雨。この日、現地が晴れるなんて、ちょっと考えられなかった。ですが・・・なんとなく、「今日は赤城神社が呼んでるから、行かなきゃ!的な気持ちになりまして・・・( ´∀` )」、参拝強行したんですね。

f:id:KOGE-KUN:20170910090728j:plain

 

それがどうです?こんな晴天!青空!サイコーですよ。

橋で清められ、さぁ、鳥居の向こうへ。この鳥居はおそらく二の鳥居。

f:id:KOGE-KUN:20170910090647j:plain

雰囲気いいでしょう?木漏れ日に癒されます。

f:id:KOGE-KUN:20170910091200j:plain

境内を進むと、見えてきました!拝殿。

f:id:KOGE-KUN:20170910091321j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170910091300j:plain

 

手水舎で清めましょう♪

f:id:KOGE-KUN:20170910091619j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170910091640j:plain

苔がキレイ♬

f:id:KOGE-KUN:20170910091656j:plain

狛犬さん。左から、阿の狛犬さん、吽の狛犬さん。

f:id:KOGE-KUN:20170910091826j:plain

参拝。

f:id:KOGE-KUN:20170910091922j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170910091935j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170910092022j:plain

 

境内散策。

f:id:KOGE-KUN:20170910092052j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170910092108j:plain

散策中に、不思議な樹がありまして・・・おや?下に穴が?

f:id:KOGE-KUN:20170910092148j:plain

なんとなく、手を入れてみました(笑)。皆様、小動物や爬虫類がいるかもしれないので、マネはしないでくださいね。

f:id:KOGE-KUN:20170910092248j:plain

この樹、中が空洞なんです!

f:id:KOGE-KUN:20170910092313j:plain

スゴイ!樹皮と、水分・栄養分を取る組織だけで生きているんですよね?!これ、凄いです。なんか、すごい生命力と神秘的なものを感じません?ちょっと、感動。

神聖な場所は何が起きているか分かりませんね~!パワーを戴いた感じになりました☆

 

周辺の散策。大沼は透明度が高い湖です。

f:id:KOGE-KUN:20170910092532j:plain

白い雲、青空。素敵。

f:id:KOGE-KUN:20170910092714j:plain

参拝、散策後に御朱印を戴きました。

 

f:id:KOGE-KUN:20170910092807j:plain

御朱印帳も戴きました。とってもカワイイ・素敵!!大判の御朱印帳(1700円)です8月中は下の図柄(十二単の御姫様)の御朱印帳は売り切れだったとか。8月末に入荷しているので、当分は置いてあると思います。

 

御朱印帳も戴きたい場合は、事前に神社に在庫確認をしたほうがよさそうです。ホームページにも情報がUPされています。リアルタイムかどうかは不明ですが、行かれる前に要確認ですね🎵

f:id:KOGE-KUN:20170910093035j:plain

赤城神社柄の大判御朱印帳(1700円)。201708現在の背景は明るい水色の表紙です。

f:id:KOGE-KUN:20170910093218j:plain

最後に、、もう一度青空と神社・橋の写真をアップ!! こちらの神社は、可能ならば晴れている時に参拝されたほうが、周囲の自然に素晴らしく映える朱色の建物、構造物を楽しめます。

体感しないと分からない、その空間ってあるよね?ぜひぜひ、美しい神社に行ってみてください。

f:id:KOGE-KUN:20170910093440j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170910093513j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170910093553j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170910093532j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170910093635j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170910093656j:plain

 

パワースポット、また一つ行く事が出来てめちぇくちゃ嬉しいです。素敵な神社でした!