「上野東照宮とぼたん苑」

上野東照宮とぼたん苑。今が冬ぼたんが見ごろという事で散歩に行って来ました。

ぼたん苑に行く途中、上野公園内の桜が一つ、満開でした。その季節に咲く桜なんでしょうね。春先取り、というところでしょうか?

f:id:KOGE-KUN:20170209163750j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170209163805j:plain

 

さて、ぼたん苑見学です。なんて豪華な花なんだろう!って、ぼたんを初めて”マジマジ”と見てしまいました。花弁が変わっているぼたんも魅力的ですね。色々ありますね~。ぼたんの花の”見せ方”も素敵な苑内でした☆

f:id:KOGE-KUN:20170209163957j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164012j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164027j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164043j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164056j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164111j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170209164125j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164139j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164155j:plain

 

さてさて、ぼたん苑にてその見事さを満喫した後は、参拝。そして貴重な重要文化財を見てきました。

f:id:KOGE-KUN:20170209164300j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164318j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164346j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164402j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164426j:plain

 

この後は、拝観料を払いさらに本殿外観を見学。これは見ておいて後悔はない。時の権力を誇示した造りは見事!晴天だと、さらによし。太陽光を受け、金色の外観がキラキラ!!

f:id:KOGE-KUN:20170209164720j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164738j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164755j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164812j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164828j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209165135j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164844j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209164905j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209165013j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209165045j:plain

 

すごい技術ですよね。感嘆しました。だから、散歩という神社や建物などの見学はやめられないのよね。素敵です。

 

この上野東照宮でも御朱印を戴けます。ありがたい御朱印を手に帰宅致しました。

冬のぼたん苑は2月末までだそうです。今が見ごろ。散歩に行ってみてはどうでしょうか?

御朱印と御朱印帳。そしてぼたん苑開催時に限定お守り。ぼたん苑開催中の御朱印はぼたんのスタンプが特別に押印されます。かわいいね!

f:id:KOGE-KUN:20170209165519j:plain

限定スタンプ。

f:id:KOGE-KUN:20170209165542j:plain

 

朱印帳 表。

f:id:KOGE-KUN:20170209165605j:plain

朱印帳 裏。

f:id:KOGE-KUN:20170209165627j:plain

 

ぼたん苑開催中の限定お守り。

f:id:KOGE-KUN:20170209165722j:plain

 

楽しいという気持ちになるのが大切ですよね、散歩って。

 

 

 

 

 

 

 

「国宝 迎賓館赤坂離宮」

迎賓館赤坂離宮へ行ってきました。

 

この日は和風別館の抽選に当ったためこちらも見学できました。それはもう、素晴らしいの一言。VIP御用達の迎賓館本館、和風別館は庶民には夢のまた夢。その夢を垣間見てきました!

 

「和風別館」

f:id:KOGE-KUN:20170209161645j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209161706j:plain

 

梅が満開!素晴らしい日和です♪

f:id:KOGE-KUN:20170209161724j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209161818j:plain

 

「国宝 迎賓館赤坂離宮本館」

f:id:KOGE-KUN:20170209161901j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209161914j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170209161931j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209161953j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209162009j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209162030j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170209162046j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209162104j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170209162119j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170209162140j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209162159j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209162216j:plain

 

うっとりの一言でした。

迎賓館赤坂離宮では、2月2日より14日まで、「朝日の間」が特別見学が可能です。その後は約2年間、補修のため見学が出来ません。今だけの別世界見学です。是非、見学されてはいかがでしょうか?

写真は休憩室で販売していた写真集「国宝 迎賓館赤坂離宮」の「朝日の間」のページです。館内は写真撮影不可のため、写真集を購入して帰宅後もうっとりしています(笑)

【購入した写真集  見ごたえあります!】

f:id:KOGE-KUN:20170210073530j:plain

 

【「国宝 迎賓館赤坂離宮」の「朝日の間」特別公開の部屋 】

f:id:KOGE-KUN:20170210073546j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「明治神宮」

今日は明治神宮
明治神宮明治天皇昭憲皇太后をお祀りする神社です。初詣は日本一の初詣参拝者を集める神社でもありますね。

神宮の詳細は検索すれば多くのことが分かります。その由緒ある明治神宮に行ってきました。

とにかく大きい。原宿駅を出て右手に曲がればすぐに鳥居が見えます。
f:id:KOGE-KUN:20170209154514j:plain

境内を進むと奉納された酒樽が見えてきます。

f:id:KOGE-KUN:20170209154635j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209154700j:plain

その先はまた鳥居が見えます。樹齢1500年だとか。素晴らしいですね。大きさもその樹齢も、建築技術も全て魅了されます。
f:id:KOGE-KUN:20170209154830j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209154901j:plain

参拝です。
f:id:KOGE-KUN:20170209154932j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209154946j:plain


参拝した後に御朱印を戴きました。この瞬間、本当にありがたい気持ちになるのはいつも同じ。

f:id:KOGE-KUN:20170209155116j:plain

明治神宮の御朱印帳は、落ち着いた柄と色。光の加減で色彩が微妙に異なり素敵です。

f:id:KOGE-KUN:20170209155227j:plain


参拝を終え、パワースポットの一つ、「清正の井」へ。
綺麗な湧き水です。

f:id:KOGE-KUN:20170209155345j:plain

また一つ、気持ちが落ち着きましたね。

「須賀神社」

体調が少しずつよくなっているのでは?と感じるこの頃。

先日の神社参り(散歩として)から、その動きが気持ちを落ち着かせていることを実感。そこで、少し遠出ではあるが、神社で「節分祭」を行なうということで、比較的混雑が少なそうな、それでも歴史ある神社「須賀神社」お祭りを見に行った。

 

f:id:KOGE-KUN:20170209134620j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170209135211j:plain

 

 

f:id:KOGE-KUN:20170209134639j:plain

 

節分祭が始まる前、赤鬼、青鬼が参拝者にサービス(記念写真!)に応じていました。

f:id:KOGE-KUN:20170209134929j:plain

 

記念写真☆

f:id:KOGE-KUN:20170209134948j:plain

 

節分祭はご祈祷の後、神職の方、市長、他、偉い方(どなたが参加されているか分かりませんでした)が掛け声とともに豆まき開始!

 

f:id:KOGE-KUN:20170209135040j:plain

 

ありがたい「福餅」「豆」「うまか棒」を戴きました。豆は、市長さん、お名前が分からないのですがお顔が優しそうな方からも戴きました。これで、すごパワーをいただけるかしら? ありがたいこのパワーを、自分の努力の基、現実にしたいものですね。

 

こちらが戴いた「福」です♪

f:id:KOGE-KUN:20170209135537j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209135559j:plain

 

「福」を戴いた後、その祭りの余韻を胸に帰宅。外に出るということがこんなに楽しいなんて!今日という日はいい想い出になります。

f:id:KOGE-KUN:20170209135746j:plain

 

この、楽しい日の御朱印も戴きました。もちろん、日ごろの感謝をしてお参りしました。

f:id:KOGE-KUN:20170209140343j:plain

 

須賀神社のオリジナル御朱印帳も購入しました。宇都宮二荒山神社とはまた趣の異なる素敵な御朱印帳です。よい記念になります。こちらも大切なお守りとなりました。

f:id:KOGE-KUN:20170209140528j:plain

 

目的を求めに、散歩の主旨が神社参りとなりました。気持ちの支えは必要な時期ですので大変ありがたいですね。

 

 

「宇都宮二荒山神社」

最近、外に出たくて仕方がないという気持ちになりました。そんな中、ふとした気持ちの切っ掛けで宇都宮二荒山神社まで外出。

お参りしたかったのですね、色々と。

f:id:KOGE-KUN:20170208152922j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170208152800j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209074404j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209074640j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170209074838j:plain

参拝の後おみくじを引こうとしたところ、参拝に来ていたおばさんが巫女さんに「御朱印はどこで・・?」という質問をしたのです。その会話を聞いて、ハッとして「私も御朱印をお願いしたい」と何故か思ったのよね。

これが切っ掛けで私も御朱印を戴くことになりました。今まで気にはなっていた御朱印。過去、出掛けるたびに神社へ参拝してきたのに何故か御朱印を戴かなかった。

ま、何かをする切っ掛けなんてそんなものですよね。ということで戴きました初「御朱印」。
なお、「御朱印帳」の存在は今回初めて知りました。もちろん突然、御朱印を戴こうと思い立ったので御朱印帳は持っていない。ですので、社務所で宇都宮二荒山神社オリジナル御朱印帳を購入した後、御朱印を戴きました。

f:id:KOGE-KUN:20170208152741j:plain

こちらが宇都宮二荒山神社のオリジナル御朱印帳。表も裏も同じ柄で、とくに神社名などはありません。同一柄です。オリジナル御朱印帳は2種類あり、白とピンク色のみです。
f:id:KOGE-KUN:20170208162637j:plain

神社に置いてあったパンフレットにも御朱印帳が紹介されています。
f:id:KOGE-KUN:20170209074302j:plain


不思議です。参拝の証として戴いた御朱印が、こんなに心が落ち着くなんて。癒しにもなるありがたい御朱印ですね。

ちなみにおみくじは「大吉」!きっと良いことがあるはずです。そう、思いたいですね。
f:id:KOGE-KUN:20170208152732j:plain


お参りを終え、神社境内へもどると高崎のだるま市がやっていたので、一番かわいいサイズの「だるま」を購入。ご利益があるといいな。2月1日に行ったのですが、この日は「だるま市」だったんですね。なんかラッキー★
f:id:KOGE-KUN:20170208152930j:plain

久し振りの外出でした。
ありがたいリフレッシュとなりました。


外に出られる(散歩)ということは、本当に気持ちが安らぎますね。

バラの種まき、してみました ※更新中 2017.3.28

毎年、バラに実がつく。

「バラは種から育てられるの?」

という素朴な疑問から、色々WEBで調べてみると、あるある、種まきブログなどの情報。参考資料はページ最後に記載しました。さて、始めてみますか、「初、種まき」。

 

 

①バラの実を取る(1月4日)。

f:id:KOGE-KUN:20170108130205j:plain

 

②カッターなどで種子を傷つけないように軽く切り込みを入れ、種を取り易くする。

f:id:KOGE-KUN:20170108130313j:plain

 

③種を指で取り出す。

f:id:KOGE-KUN:20170108130504j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170108130539j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170108130605j:plain

 

 ④種の浮き、沈みの確認をする。

容器内の水に種を入れて、種が1:浮くもの(未成熟)、2:沈むもの(成熟)、とに分ける。

未成熟(種が浮く)は発芽しないと言われているらしい。成熟(種が沈む)したものは発芽の可能性がある。

 

※今回は上記1、2問わず植えることにしました。

理由:発芽率に種子(ハマナス)の熟成度の影響が見受けられないという参考文献があったっため。

f:id:KOGE-KUN:20170108162257j:plain

 

赤い四角枠ないは浮いている種。黄色い四角枠内は沈んだ種。

f:id:KOGE-KUN:20170108162826j:plain

 

⑤沈んだ種と浮いた種を分ける。

分けた後は、種についている細かい毛(種子)と果肉(ローズヒップ)を丁寧に指、ペーパータオルなどで優しく取る。その際、水洗いしながらよく落とす。

 

ローズヒップ中には「発芽抑制物質」が含まれる。除去するための薬剤や溶液がないため、今回は水洗いのみで実施。

 

向かって左が浮いた種。右が沈んだ種。どちらも植えてみます。正直、バラ栽培素人からすると、種がもったいないから。という理由で実際は動いています。

f:id:KOGE-KUN:20170108163215j:plain

 

⑥⑤の処理の後、種の品種が分かるように明記したお茶パックなどに入れる。その際、沈んだ種(熟成種)と浮いた種(未成熟種)も混在しないように分けた。

 

f:id:KOGE-KUN:20170109081033j:plain

 

⑦容器に水をため、種子袋(お茶パックに小分け分別したもの)を3~4日間よく洗い流す。

 

なお、趣味の園芸にアップされた方の内容では、3~4日間水を入れ替えながら洗うとしていました。本来、連続して流水に浸すと講師が言っておられたそうですが、生徒さんが「流水はもったいない」という事で、数日、水につけて毎日複数回洗い流す、としたようです。

 

 

f:id:KOGE-KUN:20170109081209j:plain

 

⑧用土に植える。

 市販の「バラの土」を使用しています。諸説あるようですが、我が家では以前接木を行なった際、「バラの土」として準備された用土を使用した時が接木成功率がよかったためですね~。いつか、数年前に実施し接木実践内容をアップします。

 

取り合えず、市販の種まき容器?に用土「バラの土」を入れます。

f:id:KOGE-KUN:20170110083905j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170110083934j:plain

 

⑨種を植える(自己流)。

■種が流れるのを防止するために、先にジョウロで水をまく。その後に種を植える。

■種を植える際は、浅め(深さ約0.5~1センチ)に割り箸などで線を引くように用土上を軽く掘る。

■種をまき、指で軽く土を種にかぶせる。

■何の種を植えたか分かるように札を立てる。

 

f:id:KOGE-KUN:20170110084319j:plain

 

3月上旬、芽が出た!!!!!! 実は、種を取った際に、水に浮いた種も2個発芽したんだよね。

問題は、この先からだね。成長しますように!

f:id:KOGE-KUN:20170328165841j:plain

 

 【参考資料など(ウェブ資料他)】

NHK 趣味の園芸レポート、福島県立相馬農業高等学校ハマナスの自生地再生を目指して~難発性種子の発芽率向上に関する研究」、岐阜大学応用生物科学部「新しいバラの楽しみ方」、「日本生物環境工学会論文 東北大学農学部バラの種子 (痩果) の発芽に対する温度の影響)」 他 ※順次アップ

 

上記参考資料で「NHK 趣味の園芸レポート」や検索サイトや「バラ 種 発芽」というキーワードにひっかかる情報サイト(大学や研究機関のデータ、個人ブログなど)を参考にし、この度”初”、種まきしてみました。 

なお、趣味の園芸にアップされていた方は、専門家に教わったとの事でした。私はこれらを真似してみることにしました(一部は面倒なので適当・・・)。

 

 

続く。

ブログをはじめてみました

 

なんとなくブログです。

 

ガーデニング関係に興味があるので、それをぼちぼちとアップ予定。