「芳賀神社(天満宮)」 梅が見ごろ!

梅の季節。

菅原道真といえば、梅。そのコラボは天満宮そのものを現していますよね。栃木県の芳賀神社に参拝してきました。

芳賀神社のホームページによれば、「社伝によれば、鎌倉時代の貞永2年(1233)に創立されたと伝えられております」とのこと。とても古い神社ですね。

 

最初の鳥居です。車道を挟んで鳥居があります。

f:id:KOGE-KUN:20170227084157j:plain

境内を進みましょう。ドキドキ。梅が見えてきました。

f:id:KOGE-KUN:20170227084308j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170227084357j:plain

まさに、見ごろです。最初に出迎えてくれたのは紅梅。最初からうっとり。

是非、見ごろの今、神社に出掛けてはいかがでしょうか?癒されます!

f:id:KOGE-KUN:20170227084419j:plain

白、紅、黄色と、3種類の色の組み合わせが艶やかだよ!

f:id:KOGE-KUN:20170227084554j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227084511j:plain

高台にある神社からの眺め。壮観!スカー!ってします。気分がいいよ。

f:id:KOGE-KUN:20170227084711j:plain

2つ目の鳥居をくぐります。

f:id:KOGE-KUN:20170227084822j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170227084907j:plain

落ち着いた参道。拝殿に向かいます。落ち着いた雰囲気ですね。

f:id:KOGE-KUN:20170227084931j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227085004j:plain

手水舎。

f:id:KOGE-KUN:20170227090034j:plain

 

なで牛です。菅原道真と牛の関係は諸説あるようです。今は神様の使いとして牛を置いてある天満宮が多いです。

私も、気になる身体の箇所を牛のその部分をなでて願い事をしました。

f:id:KOGE-KUN:20170227085552j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227085631j:plain

正面から撮影。まじまじ見ると、ホントかわいい~!

f:id:KOGE-KUN:20170227085702j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170227085803j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227085835j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227085902j:plain

たくさん撮ってしまった(笑)。

さて、参拝しなきゃ!

狛犬さんと拝殿。

f:id:KOGE-KUN:20170227090222j:plain

お参り。

f:id:KOGE-KUN:20170227090136j:plain

菅原道真といえば梅紋。

f:id:KOGE-KUN:20170227090302j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227090328j:plain

素敵だわ~。

f:id:KOGE-KUN:20170227090346j:plain

境内を散歩。梅の木におみくじがいくつも結んでありました。この風景、なんとも素敵。神社の雰囲気をあらわしていますよね。

f:id:KOGE-KUN:20170227090943j:plain

なんか、夢、かないような気分になります♪

f:id:KOGE-KUN:20170227091101j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227091155j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227091233j:plain

次に、拝殿周囲を散策。

f:id:KOGE-KUN:20170227091327j:plain

修復などしたのでしょうか?まだ新しい木材ですね。

f:id:KOGE-KUN:20170227091353j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227091448j:plain

一周しました。

 

 

f:id:KOGE-KUN:20170227091535j:plain

 

奉納された天狗面のようです。天狗と芳賀神社の関係は分かりません。どんな意味があるのでしょう?

f:id:KOGE-KUN:20170227091650j:plain

しばらく雰囲気を楽しんだ後、御朱印を戴きます。戴く場所は社務所です。

f:id:KOGE-KUN:20170227091815j:plain

芳賀神社で戴いた御朱印。数字の二十の文字が通常と異なります。この字を二十とするのは初めて知りました。

f:id:KOGE-KUN:20170227091856j:plain

大判の御朱印帳がほしかったので、こちらの芳賀神社オリジナル御朱印戴きました。高いです。本当に高い御朱印帳ですが、満足の一品。西陣織で作られたもので、今回なでてきた「撫で牛」と季節の梅が御朱印帳のデザインとなっています

 

光沢もさることながら、手触りもよくて一目でホレました(笑)。

f:id:KOGE-KUN:20170227092315j:plain

 

最後に、社務所で御朱印を書いていただいた神職の方のお話。遅咲きの梅(下の写真)の名前は「おもいのまま」。咲くと色んな色でるとか。紅くなるもの白くなるもの、色々。素敵な花の名前ですよね!

 

こういった神職さんのお話も聴けて、こころ癒された1日となりました!

「おもいのまま(梅の名前)」

f:id:KOGE-KUN:20170227092742j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170227092804j:plain

願い叶うとき、お礼参りに必ず来ます。

 

「宇都宮二荒山神社」

2月1日に、ふとした切っ掛けで散歩として行った「宇都宮二荒山神社」。

当日はだるま市もやっていて賑わっていたわ。あれから3週間。時間が過ぎるのって早いわ~。この日にお参りしてから、(気分的なものかもしれないが)徐々に具合がよくなり、先日、復職への希望が見えてきた。そのご報告とお礼参りとして参拝してきたよ。

f:id:KOGE-KUN:20170224130355j:plain

大きな朱色の鳥居。

f:id:KOGE-KUN:20170224130826j:plain

長い階段。平日は空いているね。

f:id:KOGE-KUN:20170224130857j:plain

門が見えてきた。長いよ、この階段(笑)

f:id:KOGE-KUN:20170224131001j:plain

菊の御紋がある門をくぐるよ。

f:id:KOGE-KUN:20170224131052j:plain

シンプルな木製の門ですが、歴史と風格を御紋から感じます。

f:id:KOGE-KUN:20170224131139j:plain

狛犬。じ~っと見つめられている感じ!かっこいいわ~!

f:id:KOGE-KUN:20170224131240j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170224131329j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170224131414j:plain

 

社務所にて御朱印を戴く。御朱印を始めたのも、この宇都宮二荒山神社からなんだよね~。それも、たまたま参拝に来ていたおばさんの「御朱印はどこで・・」という質問が聞こえてきたから。

不思議不思議。御朱印の力ってすごい!って思ったわ。墨の香り、神社の社印、参拝日などが何ともいえない感覚で、心にジーンとくるのよね。これが神社から受けるパワーなのかな!

 

2回目の参拝時に戴いた御朱印は前回と雰囲気が違うんだ。記載された方が違うのね。こういった字体などを楽しめるのも複数回参拝した際に戴く御朱印の楽しみ方だよね。

f:id:KOGE-KUN:20170224131850j:plain

 

前回、気付かなかった同じ敷地にある神社「初辰稲荷神社」。連なる鳥居が素敵。

f:id:KOGE-KUN:20170224132540j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170224132703j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170224132725j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170224132742j:plain

拝殿。

f:id:KOGE-KUN:20170224132813j:plain

鳥居から見る太陽も、気持ちいい。いいね。

f:id:KOGE-KUN:20170224132906j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170224132922j:plain

初辰稲荷神社の隣に「明神の井」という水(井戸)があった。手水舎ではないようだ。

f:id:KOGE-KUN:20170224132948j:plain

こちらの井戸は御神水だそうで、霊水でもある。神棚に供える水、書道などに使用するとよいそうだ。持ち帰りOKと記載があるね。こんなスポットは神社で初めて見たわ。

 

f:id:KOGE-KUN:20170224133058j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170224133404j:plain

 

ありがたい気持ちになったよ。いつしか、神社はパワースポットといわれるようになり多くの参拝者がいるが、分かるような気がした。

 

また、参拝に来たい神社の一つですね。

「神田神社」

JR秋葉原駅 電気街口を出て右に進み、最初の信号を右に曲がり真っ直ぐ進む。国道17号線をずっと進むと坂になる。その途中に鎮座しているのが神田神社神田明神)です。

f:id:KOGE-KUN:20170214155720j:plain

少し前進すると門があります。大宮の氷川神社同様朱色の大きな門です。素敵です!

f:id:KOGE-KUN:20170214155735j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155824j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155837j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155900j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155920j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155939j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160003j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160025j:plain

さて、一礼して門をくぐります。

f:id:KOGE-KUN:20170214160100j:plain

神田神社の紋も重厚感があり、素晴らしいです。うっとり~!

f:id:KOGE-KUN:20170214160142j:plain

手水舎にて清めましょう。

f:id:KOGE-KUN:20170214160237j:plain

参拝。そして社殿を観ます。

f:id:KOGE-KUN:20170214160339j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160358j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160420j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160757j:plain

 

狛犬。ずしんとして威厳がありカッコイイ。 

f:id:KOGE-KUN:20170214160615j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160638j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160446j:plain

お守りと御朱印は門をくぐり向かって左手で戴けます。

f:id:KOGE-KUN:20170214160911j:plain

あ、こんなご案内もありました。

「御社殿大屋根葺き替え用銅板奉納のお願い」として、「~省略~ 葺き替え工事は創建千三百年記念事業の一つとして 平成30年頃より始める予定です。~省略~ 国指定登録有形文化財建物・平成15年9月指定 本殿・幣殿・拝殿・神饌所・校倉宝庫・透塀各御屋根葺き替え 銅板材に芳名をお書きしたシールを貼り付けてお屋根にお乗せ致します。」と案内がありました。

奉納するにあたり、奉納金は一口 松:銅版5千円、竹:銅版3千円、梅:2千円です。

お参りの記念、ご奉納としてどうでしょう? 神社も、色々大変ですね。文化財を守るのは大変です。

f:id:KOGE-KUN:20170214162337j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214162356j:plain

参拝後は、気持ちを新たに帰途につきます。門を再度見ると、やはり美しいですよ。歴史あるものは心を動かしますね。下写真は敷地側から見れる彫刻です。

f:id:KOGE-KUN:20170214162514j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214162529j:plain

御朱印です。

ゆるきゃらコラボの印がかわいいね!

f:id:KOGE-KUN:20170214162732j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214162748j:plain

お守り。いなばの白兎のおまもり。開運 おねがい兎のお守りは願い事を自分で書いて白い袋に入れるといういままでになかったタイプのお守りです。早速、願い事を記載して保管しています。

f:id:KOGE-KUN:20170214163005j:plain

 

明日は、個人的に非常に事情の内容が重くて、その結果が怖くて、でもこれからの人生で大切な内容が分かる日。お参りしなきゃ「心」が潰れそう。

いままで、多く神社を参拝させていただきましたが、全て待ち受ける困難という状態を打破、回避、待ち受けるための祈願と正常心維持のためです。

 

参拝は全ては宇都宮の二荒山神社参拝から始まりました。いままで気持ちを保てたのは「神社」という存在。ありがとうございます、という気持ちで一杯です。

 

どうか、明日も頑張れますように。そして、頑張らなきゃね。

 

「烏森神社」

JR新橋駅 烏森口を出て外壁のう凹凸が特徴的なニュー新橋ビルを右手に正面の道を真っ直ぐ。途中ファミリーマートがあり、その後方を右手の道を向くと鳥居が見えます。その奥に社殿があります。

新橋というビジネスマンが行き交う街を守っている神社ですね。小さな神社ですが、その歴史は古いようです。烏森神社の案内を確認すると、「神社の創始」は平安時代の天慶三年(940年)までさかのぼるとの事。

本当に小さな神社です。

f:id:KOGE-KUN:20170214152329j:plain

細い路地を進みます。

f:id:KOGE-KUN:20170214152347j:plain

鳥居をくぐり、手水舎はすぐ右手にあります。

f:id:KOGE-KUN:20170214152414j:plain

参拝。

f:id:KOGE-KUN:20170214152514j:plain

狛犬さま。向かって右手の狛犬は鞠を持って?います。

f:id:KOGE-KUN:20170214152539j:plain

向かって左手の狛犬は小狛犬と並んでいます。どんな意味があるのでしょうか?

f:id:KOGE-KUN:20170214152630j:plain

奥にお守りなどがあります。

f:id:KOGE-KUN:20170214152726j:plain

今回は御朱印のみ、戴きました。御朱印帳はまたいつか参拝させていただいた際に戴きましょうか?

こちらの御朱印は赤・黄・青・緑は四色の巴紋と神烏の社紋からなっています。カラフルで特徴的な御朱印ですね。御朱印を戴く前に、先にお守りを戴けます。御朱印をお願いした方にお渡ししているようですね。

f:id:KOGE-KUN:20170214153245j:plain

御朱印と一緒に戴いたお守り(しおり)と飴(ソフトキャンディー)。「8」のしおりは番号札。御朱印を戴く際の順番番号ですね。ちなみに戴いた飴は美味しかったですよ。早速、食べちゃいました。

f:id:KOGE-KUN:20170214153418j:plain

 

ビジネスマン街だけで、人が絶えず、あわただしい参拝客が多い気がします。とにかくすばやい。歩くの早い!颯爽としています。お参りしたらすぐお帰りになる方が多い。これまでの神社とは少し趣がことなる感じがします。

 

これだけの小さい神社が参拝客を増やすのは大変だろうなぁ、とも思いました。そのために神社も色々考えてお守りや御朱印を考えているような気がします。ま、それは当たり前ですよね。

今日という日はもぅないから、必死になってお参りしました。明日、色々あるし。これまでのようにはいかないかな。

 

神社にお参りすることで、モチベーションをあげてきました。これから必要なのは努力ですね。

 

 

「武蔵一宮 氷川神社」

氷川神社の総本山、埼玉県さいたま市に鎮座する一宮という格式高い神社です。

これまで(最近に限らず)、関東の一宮としては香取神社箱根神社、そして明治神宮に参拝しました。それぞれその荘厳たる雰囲気や社殿などの造りに圧倒されました。

 

今回の氷川神社も、素晴らしい神社。いつもそのようにしているつもりですが、それでも襟を正したくなる神社ですね。

 さて、私はJR大宮駅から氷川神社に向かいます。大宮駅を出て百貨店 高島屋前の道を真っ直ぐ。駅から3つ目の信号を渡ると参道案内があります。その参道を真っ直ぐ進み続けます。

f:id:KOGE-KUN:20170213085338j:plain

この時点で、ずっと遠くに鳥居が見えます。これが二の鳥居。一の鳥居は、JRさいたま新都心と大宮駅の間にあるらしく、二の鳥居まで約2キロくらいあるそうです。

 

二の鳥居。

f:id:KOGE-KUN:20170213085425j:plain

 

大きい!

f:id:KOGE-KUN:20170213085549j:plain

 

二の鳥居をくぐり、また真っ直ぐ進むと三の鳥居です。とにかくこの鳥居間の距離があり過ぎて、参拝する際は歩きやすい靴で出掛けたほうがいいですね。

WEBのアクセスを確認すると、JR大宮駅から徒歩15分と記載されていますが、この三の鳥居まであ15~20分です。社殿までは徒歩30分はあるのではないでしょうか?

まぁ、ゆっくり歩いて30分ですから、早歩きでなら、20分でしょうか?

f:id:KOGE-KUN:20170213085618j:plain

 

やっと・・・見えてきました!「武蔵一宮 氷川神社」が!

f:id:KOGE-KUN:20170213090052j:plain

 

途中で、こんなサインボードがありました。サッカーの「大宮アルディージャ」の選手サインです。私は興味ないので、写真だけ撮りスルー。ファンは熱心に選手一人ひとりのサインを撮影していました。

f:id:KOGE-KUN:20170213090235j:plain

 

さ、手水舎で手を清めましょう。

f:id:KOGE-KUN:20170213090459j:plain

 

拝殿へ・・とその前に、素晴らしい!楼門です!!

これは素晴らしい。圧巻。青空に朱色の楼門。思わずため息です。

f:id:KOGE-KUN:20170213090555j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170213090612j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170213090632j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170213090647j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170213090959j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170213091013j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170213091032j:plain

 

楼門を入り、敷地内から見た楼門。

f:id:KOGE-KUN:20170213090709j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170213090821j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170213090856j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170213090911j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170213090926j:plain

 

もぅ、この楼門をじっくり見て何分が経ったでしょう?飽きません。うっとりです。この楼門を造られた方々の技術に感嘆。

 

ここで、やっとお参りしました。拝殿です。気持ちを引き締めて、お参り。

f:id:KOGE-KUN:20170213091233j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170213091304j:plain

神楽殿です。一度でいいからこちらでの神楽を見たいものですね。神楽殿前の大木に多くの方が触ったり、抱きついていたりしていました。ご親睦でしょうか?(写真手前の2つの大木)

f:id:KOGE-KUN:20170213091427j:plain

楼門を出て左のほうへ行くと、朱色の橋が池に映った風景を撮影できます。場所によっては鴨がいて、撮影方法によっては癒し風景が撮れるかもしれませんね。

f:id:KOGE-KUN:20170213091729j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170213091808j:plain

御朱印、戴きました。

f:id:KOGE-KUN:20170213091957j:plain

こちらが御朱印帳。あの素晴らしい楼門が表面にあります。

f:id:KOGE-KUN:20170213092105j:plain

今年の10月に「明治天皇御親祭150年」の御祭りがあるそうです。参道のけやき並木が色付くころでしょうか?行きたいですね。

f:id:KOGE-KUN:20170213092127j:plain

 

神社に参拝すると、気持ちが落ち着きます。これが一番のご利益でしょうか?いつ参拝ができなくなるなるとも限らないですから、参拝出来るときに参拝したい、と思います。

 

この日も無事に帰宅できました。楽しい1日でしたわ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

うさぎ!うさぎ!の「調神社」

何かに頼りたい、癒されたい、目的を持ちたい、そして色んな意味で目を覚ましたいという気持ちで最近は神社参りするようになったわ。あとは、自分の努力次第。

 

さて、この日は、うさぎが神様の遣いとして狛うさぎとされている「調神社(つきじんじゃ)」にお参りしました。地元の方にはつきのみや様と慕われているそうです。JR浦和駅から徒歩で約10分。わかりやすい場所にその神社は鎮座しています。

 

鳥居はありません。その代わり狛うさぎが出迎えてくれます!

我が家にもかわいいうさぎクンがいるので、こちらの神社にとても惹かれます★

f:id:KOGE-KUN:20170212123813j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170212123759j:plain

調神社の由諸です。

f:id:KOGE-KUN:20170212124134j:plain

 

手水舎もうさぎ! あぁ~、可愛すぎます♪

f:id:KOGE-KUN:20170212124105j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170212124207j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170212124222j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170212124240j:plain

男の背中だぜ!なんてね(笑) 雄かどうかは分かりませんけど、うさぎの後ろ姿もかわいい。その一言!

f:id:KOGE-KUN:20170212124355j:plain

シッポもキュートよ!

f:id:KOGE-KUN:20170212124419j:plain

お清めしたら、参拝です。

f:id:KOGE-KUN:20170212124453j:plain

拝殿上部もうさぎ!

f:id:KOGE-KUN:20170212124521j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170212124537j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170212124556j:plain

池にもうさぎ。

f:id:KOGE-KUN:20170212124628j:plain

お守りもうさぎ。

f:id:KOGE-KUN:20170212124654j:plain

 

朱印帳もうさぎ。質のよい感じの布ですね。

f:id:KOGE-KUN:20170212124713j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170212124807j:plain

 

戴きました御朱印です。大切な私の「お守り」の一つです。御朱印を戴く際、巫女さんが、「調神社の御朱印帳は、調神社でお使いください」とおっしゃっていました。

専用としなくてはならないのですね。分かりました!

f:id:KOGE-KUN:20170212125000j:plain

 

今回も戴いた御朱印は大切なものです。きちんと保管します。

 

我が家の大切な仲間・家族です。ちゃんと、”うさ”の健康も祈願してきました!またお参りしたい神社の一つです。

f:id:KOGE-KUN:20170212125318j:plain

「櫻木神社(野田市最古)」

櫻木神社です。知る人ぞ知る、女性に人気の神社。理由は、お守りや御朱印、御朱印帳がなんともセンスのよいデザインで、心奪われるからですね~!

 

さて、櫻木神社への道のりはとても分かりやすいです。野田市駅を出てすぐ左手にミニストップがあります。その前の道を、道なりに線路を越えず、ひたすら道なりに進みます。突き当たって右。そして左。その都度、電信柱に看板があるので分かります。地図無くても行けますよ。

看板はこんな感じ。

f:id:KOGE-KUN:20170210153114j:plain

道なりに進みます。

そしてこのような雰囲気の石柱にそって進むと、

f:id:KOGE-KUN:20170210153145j:plain

着きます。

f:id:KOGE-KUN:20170210153307j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210153321j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210153333j:plain

 

門が素晴らしい。なんてかわいいの!! ここから、女性を惹くんですよね!

f:id:KOGE-KUN:20170210153432j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210153457j:plain

 

入ったすぐ右手に絵馬をかける場所。絵馬は桜の形ですね~!もぅ可愛すぎる。

f:id:KOGE-KUN:20170210154154j:plain

入って左手。酉年です!の御挨拶。

f:id:KOGE-KUN:20170210155847j:plain

 

さぁ、手水舎で清めましょう。ここもかわいい。

f:id:KOGE-KUN:20170210153915j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210153931j:plain

感謝の意を伝え、お参り。

f:id:KOGE-KUN:20170210154041j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170210154231j:plain

 

ここで、神社内では菅原道真を祀っていもいました。女性と男性でお参りの方法が違いますね。面白い。何故でしょう?

f:id:KOGE-KUN:20170210154407j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154436j:plain

 

お稲荷さんもありました。

f:id:KOGE-KUN:20170210154546j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154605j:plain

 

なでてご利益の石。なで石。さて、どこの「健康」を祈り、自分の該当する箇所をなでましょうかね?(笑)

f:id:KOGE-KUN:20170210154644j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154811j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154828j:plain

 

池がありました。恵比寿さんとカエルかな。

f:id:KOGE-KUN:20170210154906j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154925j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154946j:plain

 

この後は、お守りと2種類の御朱印(社名印と社紋印)を戴きました。こちらで人気の御朱印帳も戴き、心安らいだ一日を過ごすことが出来ました。ありがたい。

f:id:KOGE-KUN:20170210155221j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210155727j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210155740j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210155802j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210173054j:plain

 

お守りの種類は、それこそ明治神宮より多いのでは?見た目、少なくとも50種類以上あるようです。櫻木神社のホームページを見れば詳細が分かります。

 

多くの桜の木に囲まれる神社のようで、境内には福島県の「三春の滝桜」の遺伝子を受け継ぐ桜苗(大きくなっているようです)があるようで、また、春に来てその「三春の滝桜」を見たいわ。

しかし、こんなに「お守り・御朱印」で参拝客の目を向ける神社も珍しいです。グッズ化しているような気もしますが、お守りというありがたいものなので大切にしなければならないわ。という気持ちで家路につきました。