「櫻木神社(野田市最古)」

櫻木神社です。知る人ぞ知る、女性に人気の神社。理由は、お守りや御朱印、御朱印帳がなんともセンスのよいデザインで、心奪われるからですね~!

 

さて、櫻木神社への道のりはとても分かりやすいです。野田市駅を出てすぐ左手にミニストップがあります。その前の道を、道なりに線路を越えず、ひたすら道なりに進みます。突き当たって右。そして左。その都度、電信柱に看板があるので分かります。地図無くても行けますよ。

看板はこんな感じ。

f:id:KOGE-KUN:20170210153114j:plain

道なりに進みます。

そしてこのような雰囲気の石柱にそって進むと、

f:id:KOGE-KUN:20170210153145j:plain

着きます。

f:id:KOGE-KUN:20170210153307j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210153321j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210153333j:plain

 

門が素晴らしい。なんてかわいいの!! ここから、女性を惹くんですよね!

f:id:KOGE-KUN:20170210153432j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210153457j:plain

 

入ったすぐ右手に絵馬をかける場所。絵馬は桜の形ですね~!もぅ可愛すぎる。

f:id:KOGE-KUN:20170210154154j:plain

入って左手。酉年です!の御挨拶。

f:id:KOGE-KUN:20170210155847j:plain

 

さぁ、手水舎で清めましょう。ここもかわいい。

f:id:KOGE-KUN:20170210153915j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210153931j:plain

感謝の意を伝え、お参り。

f:id:KOGE-KUN:20170210154041j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170210154231j:plain

 

ここで、神社内では菅原道真を祀っていもいました。女性と男性でお参りの方法が違いますね。面白い。何故でしょう?

f:id:KOGE-KUN:20170210154407j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154436j:plain

 

お稲荷さんもありました。

f:id:KOGE-KUN:20170210154546j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154605j:plain

 

なでてご利益の石。なで石。さて、どこの「健康」を祈り、自分の該当する箇所をなでましょうかね?(笑)

f:id:KOGE-KUN:20170210154644j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154811j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154828j:plain

 

池がありました。恵比寿さんとカエルかな。

f:id:KOGE-KUN:20170210154906j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154925j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210154946j:plain

 

この後は、お守りと2種類の御朱印(社名印と社紋印)を戴きました。こちらで人気の御朱印帳も戴き、心安らいだ一日を過ごすことが出来ました。ありがたい。

f:id:KOGE-KUN:20170210155221j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210155727j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210155740j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210155802j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170210173054j:plain

 

お守りの種類は、それこそ明治神宮より多いのでは?見た目、少なくとも50種類以上あるようです。櫻木神社のホームページを見れば詳細が分かります。

 

多くの桜の木に囲まれる神社のようで、境内には福島県の「三春の滝桜」の遺伝子を受け継ぐ桜苗(大きくなっているようです)があるようで、また、春に来てその「三春の滝桜」を見たいわ。

しかし、こんなに「お守り・御朱印」で参拝客の目を向ける神社も珍しいです。グッズ化しているような気もしますが、お守りというありがたいものなので大切にしなければならないわ。という気持ちで家路につきました。