「神田神社」

JR秋葉原駅 電気街口を出て右に進み、最初の信号を右に曲がり真っ直ぐ進む。国道17号線をずっと進むと坂になる。その途中に鎮座しているのが神田神社神田明神)です。

f:id:KOGE-KUN:20170214155720j:plain

少し前進すると門があります。大宮の氷川神社同様朱色の大きな門です。素敵です!

f:id:KOGE-KUN:20170214155735j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155824j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155837j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155900j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155920j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214155939j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160003j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160025j:plain

さて、一礼して門をくぐります。

f:id:KOGE-KUN:20170214160100j:plain

神田神社の紋も重厚感があり、素晴らしいです。うっとり~!

f:id:KOGE-KUN:20170214160142j:plain

手水舎にて清めましょう。

f:id:KOGE-KUN:20170214160237j:plain

参拝。そして社殿を観ます。

f:id:KOGE-KUN:20170214160339j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160358j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160420j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160757j:plain

 

狛犬。ずしんとして威厳がありカッコイイ。 

f:id:KOGE-KUN:20170214160615j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160638j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214160446j:plain

お守りと御朱印は門をくぐり向かって左手で戴けます。

f:id:KOGE-KUN:20170214160911j:plain

あ、こんなご案内もありました。

「御社殿大屋根葺き替え用銅板奉納のお願い」として、「~省略~ 葺き替え工事は創建千三百年記念事業の一つとして 平成30年頃より始める予定です。~省略~ 国指定登録有形文化財建物・平成15年9月指定 本殿・幣殿・拝殿・神饌所・校倉宝庫・透塀各御屋根葺き替え 銅板材に芳名をお書きしたシールを貼り付けてお屋根にお乗せ致します。」と案内がありました。

奉納するにあたり、奉納金は一口 松:銅版5千円、竹:銅版3千円、梅:2千円です。

お参りの記念、ご奉納としてどうでしょう? 神社も、色々大変ですね。文化財を守るのは大変です。

f:id:KOGE-KUN:20170214162337j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214162356j:plain

参拝後は、気持ちを新たに帰途につきます。門を再度見ると、やはり美しいですよ。歴史あるものは心を動かしますね。下写真は敷地側から見れる彫刻です。

f:id:KOGE-KUN:20170214162514j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214162529j:plain

御朱印です。

ゆるきゃらコラボの印がかわいいね!

f:id:KOGE-KUN:20170214162732j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170214162748j:plain

お守り。いなばの白兎のおまもり。開運 おねがい兎のお守りは願い事を自分で書いて白い袋に入れるといういままでになかったタイプのお守りです。早速、願い事を記載して保管しています。

f:id:KOGE-KUN:20170214163005j:plain

 

明日は、個人的に非常に事情の内容が重くて、その結果が怖くて、でもこれからの人生で大切な内容が分かる日。お参りしなきゃ「心」が潰れそう。

いままで、多く神社を参拝させていただきましたが、全て待ち受ける困難という状態を打破、回避、待ち受けるための祈願と正常心維持のためです。

 

参拝は全ては宇都宮の二荒山神社参拝から始まりました。いままで気持ちを保てたのは「神社」という存在。ありがとうございます、という気持ちで一杯です。

 

どうか、明日も頑張れますように。そして、頑張らなきゃね。