古峯神社」 念願!天狗の神社、素敵御朱印!&対応も天狗!?

やっと参拝できた。やっと御朱印を戴けた!もぅ、嬉しくて一番最初に写真UPよ!

過去、日光旅行の際に神社に立ち寄る予定を立てても、何故か時間の都合で行けなかった。

御祭神は
日本武尊ヤマトタケルノミコト

御神徳は

家内安全・商売繁盛・交通安全・当病平癒・身体健全などの、総ての開運・除災・心願成就など

(古峯神社のHPより)

 

やっとよ、やっと行けた!

それに、御朱印を戴くようになり、色々なサイトを検索すると、絶対に出てくる「古峯神社」。御朱印関係の書籍にもアート的な内容で紹介される御朱印。念願の御朱印よ~!嬉しすぎる!(御朱印対応時間は午前9時頃から)。

 

じゃ~~ん!!! 烏天狗御朱印を戴きました!

f:id:KOGE-KUN:20170305082305j:plain

感動です★墨の濃淡がとても美しいわ!迫力あります。ってか、なんかカワイイ天狗様です。笑っている感じがしませんか(笑)素敵過ぎます。

f:id:KOGE-KUN:20170305082324j:plain

ちょっと興奮しすぎましたが、この先は落ち着いて散歩の記録を書きたいと思います。

御朱印から記載したので、その話から・・・。

神社の中に入ると、御朱印を戴く場所までの廊下(通路)に、古峯神社で戴ける御朱印リストが展示されています。

f:id:KOGE-KUN:20170305082916j:plain

2017年3月現在の御朱印リストです。一番人気は、雰囲気的、そしてウェブ検索で見られる内容から次の写真の「24番」と「28番」のようです。

実は、人気であるという理由は、後で分かったのですが、神職さん(私の御朱を担当して下さった比較的若い方(あえてここでは若い方と言います))から言われたのが、

 

若い神職さん:「24番」「28番」は担当者が不在で記載できません。

とのことでしたので、第3希望の「25番」を確認すると、

 

若い神職さん:「あ、それは俺だ」

とポツリ。ということで、やった!この「25番」を戴ける!と嬉しくなりました。

ここでは、この会話だけだったにですが、さらにその後知ったのが、「24番」と「28番」は人気があり過ぎて、3ヶ月待ち!御朱印帳を置いていかれる方もいらっしゃるとか。

こうなっては、常に「担当者不在」とするしかないですよね(個人感で事実不明)。色々と神社側の意図的な対応が見え隠れしていました(2017年3月上旬の話し)。

 

そのめちゃくちゃ人気の「24番」(見本リストより)。

f:id:KOGE-KUN:20170305083830j:plain

「28番」

f:id:KOGE-KUN:20170305083912j:plain

 

昨今の空前の御朱印ブームでしばらくは戴けないでしょうね。残念。仕方ないとしても、若い神職さんだけでなく、その他の神職さん、巫女さんは疲れきっているお顔。

御朱印を戴くほうも、わがままは言えないですね。いつか、スムーズに戴けるようになるといいな。

 

ちなみにこの日に戴ける御朱印は、下の写真の内容でした。マグネットが置いてある絵柄が対象です。どれも素敵!今度、(遠いので)いつ来れるかは分かりませんが異なる絵柄を選択したいです。

f:id:KOGE-KUN:20170305084447j:plain

あ、御朱印を戴く際、可能であれば「若い神職さん」にお願いしたほうが気持ちよい対応をして頂けると思います。っていうのは・・・「年配の巫女さん」の、負のオーラが凄かった(説明不可&個人感)。

気になって、後に検索で調べてきると、おすすめ地域・観光紹介サイトなどの口コミなどで、それらしい方の、対応の悪さに関するコメントが出てきた。

「年配の神職さん」も祈祷ではなく御朱印の話が出ると、ため息がもれていたワ。

 

参拝客からすると、少し残念ですが、ここまで有名になった”古峯神社の御朱印”対応に苦慮されているのだろうと推測しちゃいますね。そう考えると、メディアの影響は大きいね。

 

でもね、「対応」って人間性が出るのよね。初めてこちらの神社に参拝され、御朱印を戴く方が気持ちの良い対応をされることを祈ります

 

さてさて、御朱印の話が長くなりましたが神社の参拝もきちんとしました。

古峯神社に向かいます。最初にお出迎えしてくれたのは大きな鳥居(一の鳥居)!!朝焼けの中での鳥居撮影ですので、全体が暗く映っています。山が朝焼けで紅くなっています。なんかこんな鳥居も素敵じゃん。

f:id:KOGE-KUN:20170305085207j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305085333j:plain

古峯神社は、この先6キロはあるそうです。くぐって神社へ向かいます。

f:id:KOGE-KUN:20170305085502j:plain

当日、周囲は氷点下!!寒すぎます!道路凍結が気になりましたが、なんとか走行できました。下の写真は葉っぱについた霜。

f:id:KOGE-KUN:20170305085649j:plain

途中の道路。通行止めの案内。

f:id:KOGE-KUN:20170305085817j:plain

到着。いくつもの鳥居が見えます。大きな神社のようです。

f:id:KOGE-KUN:20170305085752j:plain

雪が降ったのね。

f:id:KOGE-KUN:20170305090018j:plain

さ、手水舎で清めます。ってか、柄杓の柄が凍っているよ!濡れている箇所は、凍っていてツルツルよ!冷たすぎるわ。朝早く来すぎちゃったわ(笑)。朝日がまだ眩しいし。

f:id:KOGE-KUN:20170305091417j:plain

柄の一部が凍っていた柄杓。

f:id:KOGE-KUN:20170305091525j:plain

あ、こんな手水舎、珍しいわ。水出口が竹使用。雰囲気あるわ~。こういうの好きだわ。

f:id:KOGE-KUN:20170305091722j:plain

境内にある小さな池。一部薄氷で覆われていました。氷点下の朝ですもんね~。

f:id:KOGE-KUN:20170305091839j:plain

早速、天狗様がお出迎え。

f:id:KOGE-KUN:20170305091921j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305092101j:plain

狛犬さんもお出迎え。

f:id:KOGE-KUN:20170305092000j:plain

いくつかの鳥居には、それぞれの狛犬さんがいました。凛々しい狛犬さんだわ!

f:id:KOGE-KUN:20170305092204j:plain

さぁ、最後の鳥居をくぐり、拝殿へ向かいます。

f:id:KOGE-KUN:20170305092246j:plain

拝殿です。早朝の参拝は、なんとも気持ちがいいわ!誰もいないしね。とても静か。

f:id:KOGE-KUN:20170305092456j:plain

拝殿の彫刻。素晴らしいです。

f:id:KOGE-KUN:20170305092749j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305092809j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305092828j:plain

 

屋根上にも天狗様。

f:id:KOGE-KUN:20170305092614j:plain

時間帯を変えて撮影。はっきりお顔を見ることができました。屋根は萱葺き屋根。萱葺き屋根の神社。雰囲気ありありで素敵です。

神社内に、萱葺き屋根張替えのための寄付金ご案内がありました。維持をするというのは大変な事なんですね。

f:id:KOGE-KUN:20170305092659j:plain

神社内に入ります。御朱印は中に入らないと戴けません。早朝は玄関が空いていないので、時間を待って、入りました。

座敷内には、素晴らしい彫刻が!!一刀彫です。どれだけ大きな木から作成したのでしょう。また、その技術と言うのはどれだけ素晴らしいのでしょうか。うっとりです。素晴らしいの一言!

f:id:KOGE-KUN:20170305093227j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170305093326j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305093356j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305093421j:plain

説明。

f:id:KOGE-KUN:20170305093504j:plain

大きさ。

f:id:KOGE-KUN:20170305093537j:plain

この天狗様の彫刻だけでなく、神社の部屋、随所に天狗に関係するお面などが展示(ご奉納)されていました。見ごたえがあります。御朱印をいただけるまでの時間は、この展示物を見るだけで時間が過ぎます。

f:id:KOGE-KUN:20170305093744j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305093816j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305093841j:plain

 

御朱印をいただける場所です。

f:id:KOGE-KUN:20170305093919j:plain

天狗の色紙。こちらも祈祷されているとか。

f:id:KOGE-KUN:20170305094006j:plain

こんなものもご奉納?貴重な連番、または特徴のある数字のお札。コレクターアイテムですね。初めて見たわ。

f:id:KOGE-KUN:20170306075106j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20170305094304j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305094331j:plain

郵便局が神社の下にあります。こちらに投函すると、消印が特別なのね。記念にいいね。

f:id:KOGE-KUN:20170305094447j:plain

御守りも戴きました。

f:id:KOGE-KUN:20170305094602j:plain

御朱印帳も購入。定番型御朱印帳はとてもシンプル。

古峯神社の特徴を現したオリジナル御朱印帳(天狗のウチワ模様)もピンクと青色の2種あります。ただ、オリジナル御朱印帳の大きさは11センチ×16センチの通常判。

私は大判が欲しかったので、無地の御朱印帳を購入。サイズは12センチ×18センチです。

ちなみに無地タイプの御朱印帳には、印刷ではありますが、天狗の絵柄があります。御朱印を戴いた日時のみ記載となります。

f:id:KOGE-KUN:20170305094952j:plain

印刷面。

f:id:KOGE-KUN:20170305095036j:plain

参拝日以外は印刷。

f:id:KOGE-KUN:20170305095113j:plain

全てにおいて、とてもありがたいパワーを戴きました。とても充実した一日を満喫。見ごたえあり、嬉しさありの神社です。

ただ、この時期の庭園が閉園中だったため、見学できませんでした。ですので、時期を改めて来たいと思います。

 

最後に、お土産屋に立ち寄り。山栗を購入。たくさんオマケして貰っちゃったわ!

もりもりの量です。おじさん、ありがとう!

f:id:KOGE-KUN:20170305095515j:plain

f:id:KOGE-KUN:20170305095532j:plain

おなかいっぱいになって、帰宅。

また、お参りに来ます!あ~楽しかったわ!