散歩と日々の色々

心のままの”テキトー”なブログです。気まぐれ更新です。

「妙義神社(群馬県)」 まるで美術館。素晴らしい重要文化財と素敵な御朱印♡ 癒された~! &お願い☆

参拝前日、翌日が快晴であると知ると、「妙義神社」に行きたい!と強く思ったのよ。書籍で見た写真が頭をよぎったのよね。自分の目で見たいって!

 

www.myougi.jp

 

 

で、参拝してきました。写真以上の美しさです。

出迎えるは・・・枝垂桜。まだまだつぼみは硬いですが桜の満開時を想像すると、それはそれは美しいでしょうね~!! 想像するだけでなく、一度は見たいものです。

f:id:KOGE-KUN:20180306071859j:plain

 

奥に見えるは、総門(重要文化財)。もとは白雲山石塔寺の仁王門だったそうな。安永二年(1773年)の建造。※本ブログの神社説明内容は妙義神社のホームページおよびパンフレット(100円)参照、抜粋。

f:id:KOGE-KUN:20180306072327j:plain

すごい彫りです!

f:id:KOGE-KUN:20180306072347j:plain

美しい細工。

f:id:KOGE-KUN:20180306072432j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306072502j:plain

鬼?なんかカワイイ(笑)

f:id:KOGE-KUN:20180306084920j:plain

 

青銅の大鳥居(奥・重要文化財)と灯篭。

f:id:KOGE-KUN:20180306072554j:plain

灯篭もスゴイ!!

f:id:KOGE-KUN:20180306072917j:plain

鳥居をくぐるとそこにあるのは大杉(天然記念物)。

f:id:KOGE-KUN:20180306073056j:plain

御神木。3本の大杉。

f:id:KOGE-KUN:20180306073913j:plain

手水舎。

f:id:KOGE-KUN:20180306075036j:plain

 

鳥居をすぐり階段を上がった左手に見えるは、「波己曽社(はこそしゃ)・県 重要文化財

f:id:KOGE-KUN:20180306073841j:plain

狛犬様💙

f:id:KOGE-KUN:20180306074147j:plain

波己曽社の拝殿。

f:id:KOGE-KUN:20180306074230j:plain

本当に装飾が屋根まですごい。あ、💛みっけ(笑)

f:id:KOGE-KUN:20180306074325j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306074423j:plain

お気持ちを納め、「御神砂」を戴きました。こういった配布?方法って初めて見たわ。今まで参拝した神社は、社務所で御守りの一つとしてあったのよ。だもんで、面白いと思ったわ。

f:id:KOGE-KUN:20180306074452j:plain

天狗様も奉納されています。

f:id:KOGE-KUN:20180306074731j:plain

さてさて、波己曽社を参拝したら目指すは、妙義神社の社殿です!

ひゃ~!!この階段を上がらなきゃ参拝できないのね~。頑張る。

f:id:KOGE-KUN:20180306074828j:plain

 登り切り、下を見ると~・・・いや~頑張った(笑)

石段が経過年数や木々の根で浮き上がったりして、かなりデコボコなのよ。通勤靴のショートブーツ(ヒールはほぼない)のつま先とかかとは皮が剥げてボロボロ(泣)。

ま、仕方ないわね。

f:id:KOGE-KUN:20180306083415j:plain

階段からの景色。キレイ🎶

f:id:KOGE-KUN:20180306083813j:plain

 

階段を登り切ったその先に・・・妙義神社の素晴らしい唐門があります。

f:id:KOGE-KUN:20180306083937j:plain

天井画。

f:id:KOGE-KUN:20180306084034j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306084311j:plain

唐門両脇にある「昇り龍と降り龍」。偉大な人ほど頭を垂れるという諺に由来して、頭が下を向いているものが昇り龍と呼ばれているらしいです。

f:id:KOGE-KUN:20180306084549j:plain

門の彫刻美。

f:id:KOGE-KUN:20180306085405j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306085444j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306085459j:plain

拝殿(重要文化財)。一部補修中。

f:id:KOGE-KUN:20180306085601j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306085652j:plain

とにかくすごい社殿の彫刻!! (もちろん参拝いたしましたよ~)

f:id:KOGE-KUN:20180306085741j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306085758j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306085819j:plain

天井画。あ、一枚剥がれている??ってか、天井に直接描いたものではないのかな?

f:id:KOGE-KUN:20180306085846j:plain

あ、また💛

f:id:KOGE-KUN:20180306085957j:plain

拝殿の柱。

f:id:KOGE-KUN:20180306090036j:plain

屋根。

f:id:KOGE-KUN:20180306090112j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306090150j:plain

拝殿の裏には天狗様が祀られています。参拝される方は、拝殿裏側にまわって見ましょう!

f:id:KOGE-KUN:20180306095640j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180306095718j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20180306090502j:plain

 

本当に、美術鑑賞もできた参拝でした。実際はもっともっと素敵です。じっくり観るには時間がかかるかも。

素敵な時間でした♬

 

帰り際、参道にフクジュソウが咲いていました。ちょっと遅い山の春だね!ほっとするよ。

f:id:KOGE-KUN:20180306090345j:plain

妙義神社で戴いた御朱印。素敵だぁ!!

f:id:KOGE-KUN:20180306090441j:plain

 

お願い(追記として):

神社に行くようになり一年が経ちました。

人生色々ありますよね。その色々がどんどん重なり、大変な時期を過ごしています。

そんな中、神社参拝・御朱印を戴くというのは、心の”ちょっとした”支えになります。

 

私のブログは「癒された~」、「空気が違う~」などなどスピリチュアル的な記載が多いのです。自分の散歩日記なので素直な気持ちを記載しています。

 

ある神社・御朱印関係をメインで記載している人気ブログを拝見しました。そのブログには、

「神社で癒される?」なんで?

「空気が違う?」なんで?

「山など自然が多い場所での空気が違う~と感じるのは分かるけれど、神社で空気が違うという感覚が分からない」

「境内の木に触れて力を感じる。勝手に触っていいのか?」 

「癒される、ってどうなの?誰か教えて

 

といった内容で、私への読者登録を解除してまもなくのブログでした。

 私は”癒し、その場所の空気感”などの人間の感覚的なものは、何においても”人それぞれ”だし、その内容(神社に行って癒される感覚が分からないなど)を記載するのは自由と思っています。

 

 

古今東西古事記の時代から日本は神道という宗教が象徴であり、日本の文化を築いている一つとして日本人の心に浸透しています。

そういった中で、あえてスピリチュアル批判的な内容は、そう感じること、感じたいと思う気持ちを大切にしている方々からすれば哀しいですね

 

業務・仕事(アクセス数アップや収入に関する理由など)として神社などの紹介をしている場合は、”癒し・空気感”という感覚を感じない場合があるだろうなぁ、と推測します。それはそれで、目的が違う(仕事化・義務化)ので良いと思います。

ただ、誰か癒し感覚を教えて~」について、「癒される、空気が凛としてなどの感覚」は”自己”が感じる感覚であって、誰かに教わるものではないですよね。それをあえて記載・指摘・又は問題提起するのは私にとっては馬鹿にされているような気持になってしまうので哀しいです。

ですので、あえて人気ブロガーが書くとしたら、表現をもっと緩やかにしてほしいなぁ。と思いました。

 

 

「空気が違う~・・」については、実際のところ空気が違う(気持ちいい・澄んでいるなど)と感じる場所は山・草原、海だけではないと思います。都内でも自然に囲まれている(明治神宮のように)、少しでも木々が多い場所は、酸素量が違いますよね。鳥の声、池の音、木々のささやきなどは、本当に気持ちが落ち着く効果があると思います。

 

また「境内の木に触れて力を感じる。~中略~ 勝手に触っていいのか?」 に関しては、一般常識の事なので、何かウェブで発信しなければならない問題でもあったのでしょうか?

マナーを守って参拝される方が多いと思いますが・・。

例えば三峯神社戸隠神社那須温泉神社は「触れていただこう」「”気”を感じていただこう」といった対応がされています。逆に、触れてはいけない場所や神社の対象の場所は囲いなどで木々は保護されているかと思います。

 

私は、神社が好きです。

神社がもつ”独特の雰囲気”が好きです。神職が”祭り(〇〇年祭とか、その他行事”などの際に大和言葉で詠む祝詞は心に響きます。

 

日頃、仕事・年齢的な体調変化・家族・生活などでストレスを感じる方は多いと思います。メンタル面でなかなか外に出られない方にとっては、近所の神社参拝は、よい運動、気分転換になる。それが癒しと感じる。また、感じたいという思う。

 

心が疲れている時、参拝してネガティブ気分の切り替えをしたいなぁと思ったりします。ですので、本ブログは、「癒される」や「スピリチュアル的感覚」の表現が多いです。好ましく思わない方は、どうか読まないでくださいね。

 

私はこれからも楽しく、気楽にの~んびりブログをアップしていこうと思います。

こんな個人日記でも読んでくださる方、ありがとうございます。また今後もよろしくお願いいたします♬

 

 

 長文、失礼いたしました。