散歩と日々の色々

心のままの”テキトー”なブログです。気まぐれ更新です。

〈今更日記〉初夏の「東大寺 -奈良-」 ~ ちょびっと写真紀行 ~

行ってから何か月たったのだろうか? 思い出の一つだから、せめて写真だけでもアップしよう。

 

5月のGWの平日。飛び石連休のなか日。

混雑はあれど、その後の祝日の情報を振り返ると、GW期間と言えど平日のほうがバスも含めて混雑が幾分緩和している。

 

旅行最終日の祝日東大寺周辺、春日大社のリアルタイム検索してみた。

率直な感想として「(京都・奈良の祝日・休日は)行きたくない」です。

祝日だった日の春日大社周辺では、拡声器をもった方(警備員)が”春日大社は大変混雑しています!!”と何度も言っていたそうだ。 東大寺に向かうお土産屋さん周辺も動けない状態の写真が何枚もアップされていたよ。

 

あぁ、(自分が観光したのが)平日で良かった。と、つくづく思ったワ。

 

 

 GWの赤日はのんびり「奈良鹿」の写真や春日大社参拝・散策はできないだろうね。また、下写真程度の混雑でラッキーなのだ。・・・ってか、ほとんどの観光客が中国系だったよ。団体で観光に来るからねぇ。

f:id:KOGE-KUN:20180822062518j:plain

 

【南大門 -国宝建造物-】

正治元年(1199)に上棟し、建仁3年(1203)には門内に安置する仁王像とともに竣工した。入母屋造、五間三戸二重門で、ただ下層は天井がなく腰屋根構造となっている。また屋根裏まで達する大円柱18本は、21mにも及び、門の高さは基壇上25.46mもある。大仏殿にふさわしいわが国最大の山門である。※公式ホームページより

f:id:KOGE-KUN:20180822063004j:plain

【仁王像二体】

中学生の時の修学旅行も東大寺に行ったのだが・・・感動が全然違う。

京都・奈良って、大人になって改めてその建築・美術に感動するんだね。すごい技術ですよ。これは。

f:id:KOGE-KUN:20180822121803j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180822121826j:plain

 当時の色彩を想像すると、本当に美しい建築物なんだろうね。

 

「入母屋造、五間三戸二重門で、ただ下層は天井がなく腰屋根構造となっている。また屋根裏まで達する大円柱18本は、21mにも及び、門の高さは基壇上25.46mもある」※公式ホームページより

f:id:KOGE-KUN:20180822122104j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180822122123j:plain

 

 狛犬。この風が吹いている写真、個人的にお気に入りなのだ💛人が写っているけどね(笑)

f:id:KOGE-KUN:20180822131136j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180822130617j:plain

 

 【大仏殿 -国宝建造物-】

f:id:KOGE-KUN:20180822160404j:plain

 

f:id:KOGE-KUN:20180822160554j:plain

雀が瓦下で子育てしていた(^^♪

f:id:KOGE-KUN:20180822160616j:plain

中学生以来の観光・参拝

f:id:KOGE-KUN:20180822160709j:plain

蝶は何を意味するのだろう?

f:id:KOGE-KUN:20180822160945j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180822161031j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180822161048j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180822161111j:plain

こ、怖い! この表情をよく形にされたもんですねぇ。

f:id:KOGE-KUN:20180822161131j:plain

f:id:KOGE-KUN:20180822161232j:plain

6月に起きた地震で、「宝塔」東大寺戒壇堂にある多聞天立像の手から落下したそうですが、その後、修復されたのでしょうか?

大きな地震でしたから・・。

f:id:KOGE-KUN:20180822161252j:plain

中学生(修学旅行)の時、くぐれましたか?(笑)

f:id:KOGE-KUN:20180822161750j:plain

 

もうすぐ閉園。西日に輝く庭園の緑が素敵でした★

f:id:KOGE-KUN:20180822161906j:plain

新緑の時期の奈良。素敵でした。

f:id:KOGE-KUN:20180822162002j:plain

 

この後、参拝もしましたし御朱印を戴こうかと考えたのですが・・・私、特に理由はありませんがお寺さんの御朱印は戴いていないのです。

でも・・いつ来れるか分からない奈良観光。想い出の一つに戴こうかと思いましたが結局、戴きませんでした。今思うと、戴けばよかった。

 

参拝時、東大寺御朱印受付で御朱印をお書き入れされていた方は3人。数分、その文字を眺めていました。

皆さん、文字の特徴は当然ながら似ている。ですが、一番年配の方の文字にとても惹かれました。

本当、戴けばよかった。たったひとつの心残りですね。

 

奈良、素敵な場所でした♬