散歩と日々の色々

心のままの”テキトー”なブログです。気まぐれ更新です。

「旧古河庭園と洋館見学 -東京都-」 栗の花の異臭でバラの香りが感じられない&シーズンは混雑がひどくて何を見に行くのだか分からなかった。


www.tokyo-park.or.jp

 

2019年5月。

バラの見頃の時期に栗の花の開花が重なりひどい臭気で、バラのよい香りはそれでかき消された。具合が悪くなるほどに匂い。注意書くらいあってもいいのでは?

「他(薔薇以外)の花で具合が悪くなる場合がありますので体調の悪くなる方はご注意ください」とか。

 

混雑はひどく多くの人を呼び込む”観光”として見れば小さな「バラ庭園」なので、バラ園はギュウギュウ。人混みを見に行くようで癒されない。

ごく一部の年配者は列を守らず、我先にと横入り・・。

 

洋館見学では見学定員をかなりの人数オーバーして見学者として全員入館させたため、見学もせせこましくなり、説明は聴こえたり聴こえなかったり。落ち着かない。

外門にある案内と洋館前にある説明内容では見学人数が異なる

往復はがきの事前予約なんて必要ないじゃん! 

◆外門の案内。

f:id:KOGE-KUN:20190513122139j:plain

◆洋館前の案内。

f:id:KOGE-KUN:20190513122240j:plain

一気に約40人の入館者を見学として並んでいる方全員入館って、ひどいではないですか~。説明はマイク無し。説明の声は聴こえないことがあったし。

子供は人数に入れない。子供はうるさい(仕方ないこともありますが・・・)。

往復はがきの予約制は意味が無いので、再考してくださいと心底思ったわ。はがき代がもったいないから。

 

とまぁ、ちょっと哀しい見学でした。

初めてです、こんな感想。以前行った、そう、ネモフィラで有名なひたち海浜公園に行った時と同じ(ひたち海浜公園は混雑についてのみ)。

 

昼間のバラ園見学は、夜間のライトアップ用のライト(ポール?)がものすごい数が設置されており、景観を邪魔している。酷いわ。

 

おかしいなぁ、ステキである場所でこんな感想って・・・。

 

それでも、開園直後の数分は、人が”いないような”風景を見ることができる。ほんの数分だけ・・・。

ちなみにシーズンの開園時間は午前9時から。私は午前8時15分に到着しましたが、既にお一人カメラマンが並んでおりました。

f:id:KOGE-KUN:20190513120644j:plain

f:id:KOGE-KUN:20190513120717j:plain

f:id:KOGE-KUN:20190513121542j:plain

f:id:KOGE-KUN:20190513120737j:plain

f:id:KOGE-KUN:20190513121600j:plain

こんな状態だから、旧古河邸の日本庭園はとても落ち着けた。カワセミがいましたし、ほっとした。

バラは、園芸店や別のバラ園で見ようと思った、そんな休日でした。